「 Laos 」一覧

ラオス国営航空 ビエンチャン ワットタイ空港⇒バンコク エコノミークラス搭乗記

ラオス国営航空 ビエンチャン ワットタイ空港⇒バンコク エコノミークラス搭乗記

遂にラオスを離れる時がやってきた。ビエンチャンからバンコクまでは1日6本の飛行機が飛んでいて選択に悩んだが、今回は翌日00:25バンコク発JL738への接続を考え、18:40ビエンチャン発19:40バンコク着のラオス国営航空QV445で移動することに。 ビエンチャン⇒バンコクのフライト。ラ...

ビエンチャンのレストランをハシゴ(Le Petit Jardin, Comma Coffee, Croissant-d’Or Bakery & Cafe)

ビエンチャンのレストランをハシゴ(Le Petit Jardin, Comma Coffee, Croissant-d’Or Bakery & Cafe)

世界一ショボい首都なんかとも揶揄されるラオスの首都・ビエンチャン。高い建物は無いわメインストリートは短いわ町の中心でも賑わいがないわと本当にのんびりとしたところで、バスで町の中心に降り立った際には誤って郊外のバスターミナルに降りてしまったと勘違いしてしまう程だった。アンコールワットのように壮大な古代...

真っ赤赤なビエンチャンのラオス国立博物館

真っ赤赤なビエンチャンのラオス国立博物館

最終日、バンコクへと戻るフライトの出発時刻まで時間があったので、最後にラオス人民による革命の軌跡を知るためラオス国立博物館を見ておくことに。社会主義国の博物館ってプロパガンダまみれで結構好きなんですw。 宿泊先から歩くこと5分程、中学生の図工作品かのようなジャール平原の石壺の画が門に飾られ...

伝説の女性が眠る ワット・シームアン

伝説の女性が眠る ワット・シームアン

伝説の女性「シー」が眠るビエンチャンの名刹、ワット・シームアン。この寺院が建立された際、シーという名の妊婦が人身御供として自ら支柱の穴に飛び込み、それ以来守り神になったという伝説が残るビエンチャンきっての名刹とのことだ。 場所はサムセンタイ通りとセタティラート通りの分岐が始まるY字路の狭い敷地...

ラオスの象徴 タート・ルアン

ラオスの象徴 タート・ルアン

ラオスの博物館クオリティの低さに失望した後は、ラオス仏教界最高峰の宗教施設と名高いタート・ルアンへとチャリを走らせる。 ラオスの紙幣や国章にも使われるタート・ルアンの由来は定かではないが、紀元前2世紀だか3世紀だかにアショーカ王の名でインドから派遣された仏僧が仏陀の胸骨を納める為に建立したとい...