シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーチミンの6つ星ホテル・The Reverie Saigonでアフタヌーンティ


この日曜日は接待ゴルフも無く終日オフだったので、前々から気になっていたベトナム初の6つ星ホテル・The Reverie Saigon(レヴェリー サイゴン)に乗り込んでみることに。とは言ってもお泊りは無し、アフタヌーンティーだけの利用でね。

2015年に鳴り物入りでオープンしたレヴェリーサイゴンは、リーディングホテルズにも加盟するウルトラ・ラグジュアリーホテル。「高級感」というと人によって定義がそれぞれ異なると思うけど、こと建物自体に使われている建材や調度品だけで判断すると、セントレジスやコンラッドなんかよりも格上と評せる程の高級ホテルである。なんたって6つ星ホテル様ですからw


ユーチューブに上がってる同ホテルのプロモビデオを見てみると、なんだか良く分からないが確かに凄そうな感じがしないでもない。

立地条件も抜群。Nguyen Hue通りとDonkhoi通りの間に建つ39階建のタイムズスクエアの高層フロアが贅沢にもホテルの客室用に間取られている。ベトナムの高級ホテルといえば仏印時代の面影を残す伝統的な佇まいのホテルが専らだったが、ここは全面ガラス張りの超高層ビル。成長著しいホーチミンの勢いを象徴しているかのような立派な建物だ。

ビルの名称だってそうだよな。ホーチミンスカイシティとかハイバーチュンビルディングとかじゃなく、タイムズスクエアってw。ベトナムも変わったなぁと感じさせられる。

ひだり みぎ
エントランスからしてもう豪華そのもので、贅の限りを尽くして作られたであろうことが伝わってくる。2015年にはフォーシーズンズ・ソウルやリッツカールトン・ランカウイと並んでCNNの新規オープンホテル特集にも挙げられてたくらいだから、ベトナム国外でも評価が高いようだ。

キビキビした動きのドアマンに迎えられ中に入ると、内部もこれまた凄い。エントランスホールはイタリアから取り寄せたという色大理石が敷き詰められ、ユニークな卵型のクリスタルシャンデリアや輸入物の調度品で煌びやかに飾り立てられている。360度どこを見回しても隙が無く、本当に華やか。
ひだり みぎ
ギラギラしまくりで、良くも悪くも異空間である。リーディングホテルズじゃなくデザインホテルズに加盟してくれれば泊まるんだけどな~。あり得んよなぁ。

ひだり みぎ
ホテルのロビーは7階で、エントランスホールとはこれまた豪華なホテル利用者専用の専用エレベーターで繋がっている。これはもう自分の知ってるベトナムじゃぁないですね。


ロビーフロアも全力の高級感。有名デザイナーにより手掛けられた作品であろう装飾品の数々が惜しげも無く並んでいる。


その最たるものがこのソファ。一見ただの高級ソファーだけど、これはオーナーたっての強い希望により設えられた逸品で、世界で2人しか所有していないとされるイタリア製の特注ソファーらしい。因みに…当時、もう一人の購入者は今は亡きマイケルジャクソン氏だったとか…。

これっすよね。

MICHAEL JACKSON COMMISSIONED SOFA - Current price: $120000MICHAEL JACKSON COMMISSIONED SOFA – Current price: $120000

氏の死後2010年に競売にかけられていて、商品説明では小売価格US$215,000(≒JPY24,000,000)と紹介されている。こんなん怖れ多くて座れませんがな。誰かが座ろうものなら監視の者が近づいて一挙手一投足をモニターされることになるんじゃないか。


レセプションではモザイク壁画・ヴェネチアングラスのシャンデリア・イタリア製の特注クロックなどなどが何気なく配されているが、そのどれもが高級な物だと一目で判る。マイケルジャクソンのソファ同様、どれも面白いエピソードがあるのだろう。

ひだり みぎ
アフタヌーンティーが供されるのは、レセプション横の吹き抜け空間にあるカフェカーディナル。こちらも大理石張りでピッカピカのツルッツルだ。


アフタヌーンティーの開催時間は15:00〜17:00で、気になるお値段はVND388,000(≒JPY1,900)++~。スパークリングワイン(VND468,000++)やモエ・シャンドン(VND798,000++)、ドンペリ(VND1,398,000++)のつくプランなんかも用意されていて、意外とリーズナブルな価格設定に驚かされる。

ひだり みぎ
アフタヌーンティーが始まる3時までまだ時間があったので、先ずはアラカルトでジンベースのBasil and Mangoのカクテルとラテを注文。カクテルはスムージー状になっていて、アルコールということを忘れてグビグビ飲めた。


こちらがお待ちかねのアフタヌーンティ。甘いもの中心に盛り沢山の内容で、一人だと食べきれん。これでサービスフィー・税金込々で2,000円ちょっとというのだからお値打ちだ。

凄まじいペースで発展を遂げるホーチミン市。まさかこんな現代的ウルトララグジュアリーホテルなんかが出来ちゃうとはなあ。カラベル・シェラトン・メリディアン・パークハイアット等々アフタヌーンティーを楽しめちゃう高級ホテルといえ外資系チェーンばかりだったんで、レヴェリーホテルみたいなユニークなホテルの登場は大歓迎だ。

【The Reverie Saigon】

住所:22-36 Nguyen Hue Boulevard, Ben Nghe, Quan 1, Hồ Chí Minh
ホームページ:thereveriesaigon.com
電話:+84 8 3823 6688

Related posts (関連記事):

エネルギッシュなホーチミンの中華街
日曜日は朝一でホーチミンの中華街であるチョロンに向かいました。 チョロンへは1番のバスで向かいます。チョロンまではVND 4,000 (≒16円)でした。目的地までの走行距離が18Km以下であれ...
廃れた国境の街・ラオカイから地上のパラダイス・サパへ
ラオカイではとにかく嫌な思いばかりした。たった1日の滞在で、これだけ印象の悪くなる街も滅多にない。ハノイからサパや中国方面に抜ける観光客を相手に少しでも多くふんだくってやろうとする、がめつい下心を態度...
ホテルニッコー広州宿泊記(Hotel Nikko Guangzhou)
グランドハイアットをチェックアウト、今日は広州の外れで仕事があったので、宿泊先も広州市の外れに建つ広州日航酒店(ホテルニッコー広州)にした。天河にあった広州日航酒店(Rihang Hotel) パチ...
インターコンチネンタル バンコク クラブルーム宿泊記/Intercontinental Bangkok
10年も前になるだろうか。学生時代にバンコクを訪れた際に、友人と待ち合わせをしたのがこのインターコンチネンタルだった。懐かしいなー。当時はホテルなんて雨風凌げる屋根さえありゃどこだって変わらんじゃんく...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする