シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルキュール ジャカルタ コタ ホテル 宿泊記


結構前のことになるけれど、アコーが二連泊×3で6,000ポイントくれるってポイントばら撒きキャンペーンをしてたので、出張先で週末を使って参戦することに。アコーは2,000ポイントを40ユーロ分のバウチャーとして使えるポイントシステムなので、6,000ポイントだと120ユーロ(≒15,000円)ということになる。1泊3,000円程度で泊まれるホテルも多いアジアだと2連泊×3の費用が20,000円弱で抑えられたりもするので、還元率としては悪くないキャンペーンである。

ということで、ポイント乞食活動第一弾はジャカルタ北部のコタにあるメルキュール ジャカルタ コタ。交通量の多いエリアだけど、トランスジャカルタのOlimo駅前にあることから、渋滞の多いジャカルタ市内を移動する際には何かと便利。トランスジャカルタを使えばコタは勿論、モナス・国立博物館・ブロックM・グランドインドネシアモール・プラザインドネシアなどへはバス一本、乗り換え無しで行くことが出来る。
ひだり みぎ
街を南北に貫くガジャマダ通り(Jl. Gajah Mada)に建つ存在感のある高層ホテルがメルキュール。ガジャマダ通りにはノボテルとグランドメルキュールもあり、タクシーを使った場合にグランドメルキュールに誤送されるトラブル例も報告されているので、タクシー利用時には念の為にメルキュールの住所を控えておいた方が良いかもしれん。


また、メルキュールの通りの反対側には同じくアコー系列で、サッパリ近代的タッチなノボテル・ジャカルタ・ガジャマダもある。今は円安となった為に円換算した際にお値打ち感が無くなるが、宿泊当時はメルキュールコタが一泊3,600円・グランドメルキュール ジャカルタハルモニが6,400円・ノボテル ジャカルタ ガジャマダが4,800円という宿泊費になっていた。

メルキュールは安心と信頼のアコーホテルズに於いて中の下クラスのホテルであり、ランク的にはノボテルよりも格下となる。ここジャカルタコタのメルキュールは4つ星を自称してるけど、感覚的には3.5星くらいかな。

吹き抜けで開放感のあるロビーは天井がガラスアートをはめ込んだドーム型になっていて、すっごい独特のセンス。

戦士の像みたいなオブジェや古代文明の生活を模したパネルアートなんかがあったりするんだが、それぞれの展示品のコンセプトがチグハグ過ぎるし、夕方以降は薄暗いし従業員も元気が無いので、ホテルを出入りするとすごく陰鬱な気分になってくる。活気がなく重苦しい空気感というか…。
ひだり みぎ
更に衝撃を受けたのはフロントに掲げられた時計である。流石はグローバルチェーンのアコー、ロンドンやロスの時間まで表示してるじゃんと思いきや、時間がテンデあっていないという。ジャカルタ時間が14:30の時、ロスが08:55・ロンドンが08:25という訳がないんだよなぁ。オメガっぽいロゴが時計にある点もお笑いポイントとしては高いし、試合開始直後にいきなり細かなジャブを幾つかもらってしまった感じ。

スタンダードのチェックインは14:00。しかし、この日は14:30でも部屋が用意されていなかったので、アコープラチナ特典として頂いたドリンククーポンを使ってバーで休憩することに。

クーポン用のメニューはなく、洒落っ気のないグラスで出される柑橘系ジュース一択。せめてローカルビールくらい出してくれたら…。

ロビーバーにて蚊と格闘を続けること30分、ようやく用意された部屋は高層階のコーナーデラックスルーム。意外と静かで下界の騒がしさから開放され静かにすごすことができる点は◎。
ひだり みぎ
部屋は地味な暖色でまとまっているけれど、パソコンモニターのような卓上や使い古された家具類にチープさを感じてしまう。実際、バジェットブランドのイビス並みに安いんだけど。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ミニバー(スナック×1・お茶×1・無糖茶×1・果実茶×1・Joy Tea×1・ジュース×1)食べ飲み放題で100,000ルピアと書かれているが、単品で1つづつ消費しても82,500ルピアにしかならないんだよなぁ。


プラチナ会員向けギフトは宿泊費にしては頑張っていると認めよう。

ひだり みぎ
水周りも基本的アメニティが揃っているし、古いタイプで設備に安っぽさがあるものの及第点かなと思いきや…水がヤバい。臭すぎる!ジャカルタのホテルでは仕方のないことだと割り切って考えていたものの、ここの水は嫌悪感を持ってしまうレベルにヤバい。シャワーを浴びたら逆に体が汚れてしまうんじゃないかと思う汚水試練。罰ゲームだわ。少なくとも、顔と歯はコンプのミネラルウォーターで洗われることをお勧めする。後は、浴槽に水を溜めないこと。汚水っぷりが可視化されてしまい、吐き気を催してしまうかも。水の色を考えて浴槽自体が深みのある土色とかだったら良いんだけどね。

ホテル内の飲食施設については今回は利用せず。朝食+飲食クレジットIDR 100,000(≒)付きプランが最安値レート+2,400円程度で出てたけど、メルキュールクラスの食事で2,400円は割高感があるし、ホテル周辺に中華を中心とした食事処が集まっているんでね。

特に中華料理屋には困らない。

ひだり みぎ
スカルノハッタ空港にもあるOld Town White Cafeを発見。思いっきり建設途中なのに工事中に営業しちゃうところがインドネシアクオリティである。

ひだり みぎ
メニューの写真と現物が違い過ぎて仰天。普通に考えてクレームもんだけど、インドネシアクオリティだと諦めて自分の中で怒りを消化。

ひだり みぎ
ジャカルタ駐在員御用達の俺の餃子も徒歩圏内。深夜までやっているので、以前は“球場”で遊んだ後に連れてこさせられていた。

チェルシーのユニを着た兄ちゃんが店の出入り口でガスコンロとフライパン使って調理している姿が家庭的すぎるだが、味は確か。
ひだり みぎ
もっちりプリプリした大ぶり餃子は1皿10個。具材だけで30種程度あるみたいだし、調理方法も茹で・焼き・揚げから選べるなど中々本格的にやっている。


そして、直ぐお隣には俺の家ラーメンまであるというね。「俺の餃子」の老板がシナジー効果を狙ってラーメン屋にも手を出しやがったかと思ったけど、餃子屋とラーメン屋で経営母体は異なるらしい。怪し気な屋台や中華料理屋が並ぶマンガブサール通りの俺の餃子と俺のラーメン屋…。なんて怪しいんだ。


こんなに怪しくハズレ臭しかしないのに店に入ってしまう自分がいる。昔は「海外で高い金を払って日本食を食べるなどなんたる邪道だ」という凝り固まった思想をもっていたんだがなぁ。今や安全で味覚に合う日本食をメインで食べるようになってしまった。

所感:
トランスジャカルタでの観光には便利なんだけど、如何せん老朽化による汚水がなぁ。幾ら安いとはいえジャカルタだと他にもホテルのチョイスが沢山あるし、ちょっと再訪は考えずらい。

【メルキュール ジャカルタ コタ ホテル】

住所: Jl. Hayam Wuruk No. 123, Jakarta INDONESIA 11160
電話: +62 21 6248680

【俺の餃子(Super Suikiaw 菫華餃子店)】
住所:Jalan Mangga Besar Raya No. 3D, Jakarta Barat, Daerah Khusus Ibukota Jakarta
URL:https://www.zomato.com/jakarta/super-suikiaw-mangga-besar

Related posts (関連記事):

インドネシア文化の多様性~お布施は定額制?~
続いては独立記念塔の展望台から見えたモスクを目指します。地理感が無いので遠いか近いかも分からないがモスクの方面に直進! 見えた!! けど鉄柵が邪魔… 結局大きく回り道をする羽目に。 ...
Wホテルデビュー W Hotel Bangkok宿泊記
今年の清明節は3連休を利用してバンコクへと逃亡。SPGプラチナチャレンジの修行も兼ね、滞在先はWバンコクにすることに。Wホテルは自分にはヒップすぎるというか、イケイケ過ぎて落ち着かないデザインホテルと...
IHG 香港絡みのプロモーション2連発
あちー、あちー。 リアルタイムでは香港に戻ってきたんだが、11月中旬にして最高気温29度とかなんですか。今日はCX543が沖止めで、冬支度で重装備していたこともありタラップに出た瞬間に汗が大噴出しま...
カビンブリ・グリーン・ホテル(Kavinburi Green Hotel)
ウドンタニでのお宿は鉄道駅近くのカビンブリ・グリーン・ホテル。北に行けば行くほどホテルの値段が安くなっていくようで、2015年開業とオープン間もない清潔なホテルなのに朝食付きで込々3,000円。日本人...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする