シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターコンチネンタル ハノイ ウエストレイク 宿泊記


ハノイ出張中、IHGから一部アンバサダー会員向けのターゲットプロモに関するDMが来た。インタコに1泊してくれれば2,500ボーナスポイントを差し上げますよ、と。何故にこのようなオファーを頂けたのか理由は定かではないが、会員規約で定められた特典以外にも不意にこういった類のオファーが舞い込んでくるのもアンバサダー会員の魅力だろう。

普段は2,500ポイント程度だと渋チンな私は釣られないんですがね。今回はたまたまハノイのインターコンチネンタルで4,000ポイント付き宿泊プランがあったので、これは神の思し召しと思い即予約。US$120程度だったかな。安ければ事前決済レートでUS$100を切ることもあるし、ホーチミンのインタコと比べても5-6割程安い料金設定になっている。

いつもシェラトンの部屋から見下ろしてたインタコ。ちょっと年季が入ってるかなーなんて遠目では見受けられたけど、実際に来てみると高級な白亜のラグジュアリーホテルとしての貫禄十分。物悲しい調律のピアノ曲なんかが流れるなど哀愁漂う雰囲気に包まれていて、どこかノスタルジックな古都ハノイの町の印象ともぴったりマッチする。

ひだり みぎ
シンプルでこじんまりとしたロビー。後述する通り、客室棟が敷地内の広範に渡って散らばっていることもあり、ロビーのある本館は客室数にしては小さめ。

こいつがホテルの全容マップ。湖畔に建ち湖を臨むシティリゾートホテルとか紹介されてたけど、思いっきり湖の上にもコテージのような客室棟が広がってる。

市街地からはタクシーで15分程離れているが、外に出歩かずにホテル内でのんびりできるよう、ホテル内にはリゾート感溢れる屋外プールをはじめ、ジムやビジネスセンター・ショッピングギャラリー・各種レストランなどの施設が充実してる。買い物や観光には決して便利ではない立地なので、リゾート環境でゆっくり静かに癒されたい方向けだな。

本館・パビリオン1・パビリオン2・レジデンス棟と客室タイプが分かれる中、今回あてがわれたのはタイ湖に浮かぶ129㎡のレジデンス棟。ボッチでの宿泊なのに1LDK+2ベッドルーム+2バスルーム+3テラスとか宝の持ち腐れも良いところ。出来ればレジデンスより下のカテゴリーに属するパビリオン棟で良いのでラウンジアクセスを付けて欲しかったのだが、せっかくご厚意で大幅アップグレードしてもらったので、ケチをつけないよう口を慎むことに。
ひだり みぎ
本館とパビリオンとを結ぶ桟橋の途中にはサンセットバーがあり、湖畔に面した天蓋付きのロマンチックなカバナで夜な夜な現地の若者カップルがいちゃついていた。確かに、夕暮れ時にプールでリフレッシュした後に幻想的な湖を眺めながら飲む一杯は中々オツなものがある。

本館からサンセットバーを経由して湖畔の客室棟に辿り着くには歩いて7-8分程かかる。バギーでの送迎サービスもあるのだが、タイ湖の上に広がるスロープと現代的な白壁の建物がとても美しかった為、気持ちの良い夜風を浴びながらゆっくり歩いて部屋へと向かうことに。
ひだり みぎ
湖面に照らされゆらゆらと揺れる灯りがまたノスタルジックで、風情あるハノイの町の情調にピッタリ合っている。忙しいホーチミンとは対照的な雰囲気というか、首都とは思えないゆったりとした静けさもあるところがハノイの魅力であるし、インタコはそのハノイの魅力をしっかりと引き立てられている。ハノイでここまでのムードを演出できるのはインタコとソフィテル レジェンド メトロポールくらいかな。

客室:レジデンスルーム
ひだり みぎ
湖の上に浮かぶレジデンスルームに入ると、正面にエスニック調の素材や色使いのインテリアが整然と並ぶリビングルームがあり、窓の外のバルコニーの向こうにはタイ湖のパノラマビューが広がっている。湖上なので虫やヤモリとの共生を強いられる点は愛嬌、東南アジアのまったりとした風を感じることのできる気持ちの良い客室だ。

ひだり みぎ
キッチンやドラム式洗濯機まで。普通に生活するのに必要な家財は一通り揃えられていてサービスアパートのよう。

ひだり みぎ
ひだり みぎ

お一人様なのにこんな巨大な部屋をあてがわれて、なんだか申し訳ない気持ちにすらなる。

リビングルームのバルコニー。
ひだり みぎ
街の喧騒から離れた水上にあることから非常に静か。心地よい風に吹かれ鳥の囀りを聞きながら本を読んだりお茶をすすったりとまったりした時間を過ごすことができるし、釣りや洗濯をする地元の方が遠くにみえたりと、高層ホテルでは味わえない牧歌的な雰囲気が情緒満点。

ベッドルーム1もベトナムらしい天然素材のインテリアと暖色系のエレガントなファブリックによりモダンエスニック調に纏められ、落ち着いた癒しの空間となっている。
ひだり みぎ
ルーバーから差し入る柔らかな陽の光もアジアンな情緒を演出。

ひだり みぎ
南側に面して陽当たりの良いベッドルーム2。

ひだり みぎ
豪華にも、両方のベッドルームにバルコニーを完備。毎朝夕には朝日・夕日が湖面に輝いて本当に幻想的だし、鳥の囀りや魚が湖面から飛び跳ねる飛沫音が聞こえたりと長閑な非日常を味わえる。先のスワンナプームにあるメリディアンもそうだけど、すっかりリゾートホテルの虜になってしまったようだ。

ひだり みぎ
バスルームも広々とした作りのものが2つある。

ひだり みぎ
楽しみにしていたアンバサダーギフトはベトナムの農村地帯を描いたミニ絵画。


この他、天下のロイヤルアンバサダーになるとラウンジアクセス・ミニバー無料・スイート確約・朝8時のチェックインが約束されると特典紹介のレターに明文化されていた。ロイヤルの条件も開示してもらえたら目指し甲斐があるんだけどな。JALのPROM・PRST然り、到達条件の分からぬ上級会員を闇雲に目指すのは性に合わん。

夜はホテルの敷地内をブラブラ。

ライトアップされてとても幻想的でロマンチックなムードのホテル内。やっぱりビジネス利用というよりカップル向けだな。

ひだり みぎ
ジムはしっかりとした機能が備わっているけど、屋外プールはリゾートホテルにしては小さすぎるかな。雰囲気はリゾート感があって良いんだけど。

ひだり みぎ
本館にあるカフェドゥラックではカフェメニューやブラッセリーが楽しめる。


本館二階のミランサイゴンレストランのバー。これだけ飲み食いするんだったらラウンジアクセス付ければ良かったかな。

所感:
素晴らしい自然環境と機能的空間が揃った素晴らしいホテルである。今回は幸運にも雨に降られなかったので快適な滞在が出来たけど、雨が降ったら湿気・蚊・本館からの移動などの問題もあるので、パビリオンやレジデンスより本館の部屋の方が無難かもしれない。お勧めは乾季(11-4月)に泊まるパビリオンルームかな。雨期に泊まるなら本館でラウンジアクセスを付けた方が良いかもしれん。

【インターコンチネンタル ハノイ ウエストレイク 宿泊記】

住所:5 Tu Hoa street, Tay Ho district, Hanoi, Vietnam
電話:84-4-62708888
特典宿泊:25,000ポイント~

Related posts (関連記事):

ベトナムでのクリーニング
夜の10:00過ぎにホテルの電話が鳴る。風呂に入っていたので中々出れなかったのだが、1分以上しつこくプルルと鳴り続ける。中国の安宿じゃないんだからマッサージの勧誘は勘弁だと思いつつ電話に出ると、『クリ...
シャングリラ天津 クラブルーム宿泊記/Shangri-la Tianjin
本日はシャングリラ天津へと移動。といっても今回はナイトクラブの天津Shangri-La SECRET CLUBではなく、香格里拉ホテルの方。2日間お世話になったシェラトン天津からタクシーで15分、河東...
エミレーツラウンジ@バンコクスワンナプーム国際空港
あっという間のバンコク週末滞在を終え、香港への戻りはエミレーツの格安以遠便ファーストクラスで。 空港ではファーストクラス/プラチナ会員用のカウンターで待ち時間無くスムーズにチェックイン。優先...
ワンダーラストホテル シンガポール 宿泊記 (Wanderlust Hotel)Design Hotels
シンガポールでのお宿はデザインホテルズの一つワンダーラストホテル(Wanderlust Hotel)。新たにSPGと提携したデザインホテルズに3泊するとSPGのカテ5以下のホテルで使える無料券が貰える...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする