シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノボテル バンコク フェニックス シーロム 宿泊記


マットレスランの為にホリデイイン シーロムをチェックアウトし、次なる宿泊先であるアコー系・ノボテル バンコク フェニックス シーロムへ移動する。40%だか50%だかの割引率だったアコーのスーパーセールで一泊4,000円弱という、これまた破格のお値段だった。

ホリデイインシーロムから徒歩3分。タニヤ・パッポンの繁華街まで歩いて行くには厳しい距離にあり、06:00-20:00まで毎正時にBTSサラデーン駅行きの無料シャトルサービスが提供されている。20:00がラストなので夜遊びには使えんが…。

やっぱり立地的に安いんだろうな、ホリデイインもノボテルも。ホテル名にシーロムって入ってるけどシーロムの端の端、もはやリバーサイドに近い立地だもんな。ミスリーディングなんで、もはやホテル名からシーロムという地名をホテル名から外してほしいくらいのレベル。

ホリデイインの斜向かい、シーロム通りに西の果てにあるノボテル。2010年オープンと古くはないホテルだけど、見た感じは地味系のベージュ色でちょっと野暮ったいなー。

館内:

ただ、ホテルの中に入ると印象が一変。ゴージャス感は一切ないけれど、オマージュや絵画がパッチワークのように継ぎ接ぎされていたりと、スタイリッシュなタッチのシティホテルと言った雰囲気で、野暮ったさは感じない。

スタイリッシュと言っても、ハードもソフトもアロフトやソフィテルソー程ははっちゃけてなく、落ち着きのあるスタイルとなっている。素材の一つ一つは安っぽいけれど、スペシャルセールとはいえ3,000円台のホテルとは思えない。3.7星相当くらいのお洒落な中級ビジネスホテル相当といった感じかな。
ひだり みぎ
フロントとエレベーターの間には小さなビジネスセンターもあり、フロントにお願いしたら無料でプリントアウトをしてくれた。部屋がスイートにアップグレードされたり、ロビーのカフェでコーヒー飲んでたら何故だか女性マネージャーが挨拶に来て無料にしてくれたりと、謎の厚遇を受ける。ほんと3,000円台で泊まる貧乏客なのに申し訳なくなるくらい。


20フロア・216室の中型ホテルでエレベーターが二基しかないのは厳しいけど、この宿泊費なら仕方が無いか…。ちゃんと各階のエレベーターホールにソファを置くなどの配慮にも好感が持てるし。

部屋:スイートルーム
ひだり みぎ
面積54m²のスイートはベッドルーム・リビングルーム・バスタブ付きの大きなバスルーム・独立したシャワールームと分かれていて、広さ十分。

ひだり みぎ
現代的なテイストで纏まっているけど、ディティールを見たら確かに質感は安っぽい。


エスプレッソマシンもあるし、この価格帯のビジネスホテルにしては機能的でよくまとまったコスパの高いホテルかと。

ひだり みぎ
シンプルなアコーらしいベッドルーム。他のノボテルでも見かけたけど、ここにも介護用のベッドサイドテーブルみたいなのが備わっている。アコーの本拠地・フランスではこれが流行りのスタイルなのだろうか。

ひだり みぎ
ベッドルームには広々としたクローゼットも完備されていて、バスローブまで用意されているけど、スリッパが無いという。ペラペラな物でも良いのでスリッパは準備しておいて欲しいかな。

ひだり みぎ
バスルームも広々。3,000円台の予約でこんな部屋を用意してもらって本当に恐縮だ。


トイレタリーはスイートルームとはいえノボテルオリジナルだし、ドライヤーも安っぽい。

ひだり みぎ
ウェルカムフルーツとアコー会員特典。

館内施設:
ひだり みぎ
7階のジムとプールは営業時間が06:00-20:00と短く、今回はチラっと除いただけで利用する機会には恵まれず。


一階ロビー脇のカーテンで仕切られたスペースはStone Barというラウンジスペースになっていて、お得なセットメニューが楽しめる。


ビア・シンとチキンハンバーガーセットで299バーツ(≒930円)。突き出しのエビせんべいまで付いていてホテル価格にしてはエライ安いので、安価に腹を満たしつつ晩酌の一杯を楽しみたい人にはお勧め。


食後に頼んだブルーハワイ系カクテルはイマイチだったけど。

朝食:
ひだり みぎ
翌朝の朝食は6階のザ・スクエア(The Square)で。スペースは決して広くはないので混雑してるけど、アコープラス会員専用のスペースを設けるなど工夫がされている。エッグステーションもあるし、この価格帯のホテルにしては十分すぎる内容かな。

先に泊まったホリデイインとは部屋のカテゴリーが異なるので一概に比較評価はできないが…大型老舗ホテルの安定感を求めるならホリデイイン、スタイリッシュさやカジュアルな対応を求めるならノボテルということになるだろう。後は、これだけの厚遇を受けたので、上級会員への待遇差も語っておくべきかな。ホリデイインは最上級のスパイアでもラウンジアクセスは無し。ノボテルはエグゼラウンジを二年ほど前に撤廃したみたいだけど、そのぶん朝食とミニバーが無料になった。スタッフとの距離も近くて楽しめたし、今回に関してはノボテルの方が思い出に残る宿泊になったかな。

【ノボテル バンコク フェニックス シーロム】

住所:320 SILOM ROAD, BANGRAK, BANGKOK 10500, THAILAND
電話:+66-2-206-9100

Related posts (関連記事):

ワットスタットと恐怖の殺人ブランコ
ワットポーからトゥクトゥクに乗って5分ちょっと走ったでしょうか。高~く雲を突くように天空に向かって聳え立つ、まるで鳥居のような建築物を発見。 ワットスタットの正門前の広場に建つこの赤い鳥居状...
呪いの寺院跡 ワット・ラーチャブーラナ
ワット・ラーチャブラナ(Wat Ratchabrana)は、アユタヤ王朝末期の1424年、クメール王朝を倒したアユタヤ王朝8代目の王ボロムラーチャー2世によって創建された比較的地味な寺院です。『アユタ...
メリディアン ジャカルタ クラブフロア宿泊記
通算3度目の宿泊となったルメリディアンジャカルタ。過去の滞在では余り良い印象を抱かなかったが、残念ながら今のところジャカルタ市内で手頃な価格のSPGホテルはここだけなんで、修行なんだと自分を納得させて...
SPGって奥が深い ~ホテル独自のミニプロモ・ベストレートギャランティー編~
今月末に法人契約先の無い中国某所の宿泊先を探していたところ、フォーポインツでミニプロモが行われているのを発見。SPGってSPGの公式ウェブサイト以外にホテルごとのウェブサイトで独自プロモなんかを開催し...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アコー好き より:

    アドバイス、有難うございます!
    やはり、ポンズさんもそうですか。。。
    まぁ、私の場合は多分「乞食」だと思われたくないんですよね。笑
    多分むこうは特に気にもしてないと思うのですけどね。
    Cラウンジ付きで、ディナーも一晩?招待されているので飲食バー関係で使うのは
    難しいです。汗

    実は今回のはかなり不愉快ではあったのですが、ほぼ実害は無かったんですよ。それでも、対応に納得が
    いかず2・3度、2人くらいのマネジャーと話をしました。滞在中は何もなく、
    帰国してからGMからメールを頂きました。
    ちなみに、私はたとえ酷い目に遭っても、今回のように償いが良ければTAなどにレビューを書かない主義です。どんな高級ホテルにも間違いはありますから。
    ソフィテルでは初のスイートなので今から楽しみです!

    すみません、しつこくバンヤンツリーなのですけど、ここはLプログラムが無い?よう
    なので、フェアモントなどよりも思いのほか早くアコーのプログラムに組み込めるようですよ!!

    • ポンズ より:

      アコー好きさん
      あけおめことよろです。
      ご返信が大幅に遅れ申し訳ございません。また、いつもアコーに関する貴重な情報を頂きありがとうございます。

      周りの目を気にせず公共のラウンジで飲めや歌えやの酒宴に興じるいい年齢の輩もおりますし、乞食に思われたくない感覚や他人の目を意識する感覚は大事だと思います。自分の場合は食欲に負けていつも食べまくりですが(爆)。

      それにしても、ラウンジやディナー付きの招待とは…。超絶VIP対応で確かに無銭滞在だと申し訳なくなるくらいの厚遇ですね。飲食で落とせないとなるとスパかホテルグッズの購入や土産物の献上となりますか。GMからスパまで根回しが行っててスペシャルマッサージみたいなサービスがあったりして。
      ここまでのコンペンセーションは聞いたことがありませんので、どのような滞在になるのか私も自分のことのように気になって仕方がありません(笑)。