シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホリデイインエクスプレス バンコク スクンビット 11 宿泊記


本日取り上げるのは去年末に泊まったIHG系のホリデイインエクスプレス バンコク・スクンビット11。2014年12月オープンと、3か所あるバンコクのホリデイインエクスプレスの中で最も新しいプロパティとなる。

アロフトファイヤーハウスなんかがあり、タンクトップやパロディー系シャツを着た旅人系ファランが多く生息するすっごい賑賑しくヒッピーなエリアにある。皆さんご機嫌で、ここら一角を歩いてると絡んでくる酔っ払いも多いっすわ。

ベッドサパークラブ跡地のすぐ隣と言ったら分かるかな。最寄駅のNanaからソイ11を歩いて10分程とやや奥まったところにあるものの、周囲にはレストラン・カフェ・コンビニ・バー・クラブ・マッサージ屋などが立ち並び、夜遅くまでワイワイガヤガヤとバンコクらしい熱気もムンムンに感じられる。


そんなスクンビットの賑やかな立地にあるHIEXバンコク・スクンビット11。場所柄、客層は旅人系ファラン・チャイナ・韓国・インド・アラブ・タイと雑多。

ホテル内:
ひだり みぎ
外観はバジェット感が強くハズレを確信したが、館内は巧みな間接照明使いにより高級感が演出されていて中々の雰囲気だ。

フロントの対応は機械的でぎこちなく、一生懸命にマニュアルに沿って対応しようとしてる感が伝わってくる。新人なりに頑張ってくれたんだろうな。

IHGの会員特典はHIEXなんで殆ど無いが、スパイアだと部屋に空きがあれば16:00まで滞在可能。

ロビーフロアには、屋外の喫煙エリアや軽食をオーダーして食べれる飲食の為のスペースもある。各種炒飯・パスタ・ピザ等が一律95バーツ、スピリッツのショットが100-120バーツ、ソフトドリンクが20バーツ~、ビール・スミノフが90-120バーツというバジェットホテルならではのロープライス。まぁ周囲に飲食店がワンサカあるんで、敢えてホテルロビーで飲み食いする必要性もないんだが。

ランドリールームは地下の駐車場に。洗濯機・乾燥機各2台づつあり、洗濯機は1回60バーツで乾燥機は1回90バーツ。洗剤と柔軟剤はランドリールームに置いてあるので準備不要。


続いて客室へ。

客室:
ひだり みぎ
バジェットブランドの為、基本的に部屋タイプはスタンダードのみの設定。真新しいホテルのため内装もモダンで清潔感があるし、シングルユースには広さも十分。アメニティはホリデイインエクスプレスなので最低限のものしか置かれてないけれど。

40インチ大型液晶テレビ・フリーWi-Fi・iPodドッキングステーション・ワークデスクなども備えている。ここらへんはまぁホリデイインエクスプレスなんで、値段の割には機能的。
ひだり みぎ
低層だと外の騒音が気になりそうなので、予約時に高層階をリクエストしておいた方が良さげかも。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
水周りも築浅な分だけ平均的なホリデイインエクスプレスより清潔で好感度高し。


ただ、HIEXに馴染みの無い方に向けて書き足しておくと、アメニティ類は最低限も最低限なので要注意。特に、シャンプー類は基本的に質の良くないリンスインシャンプーだかボディーソープインシャンプーがシャワールームに備え付けられているだけなんで、気になる方は自前で用意された方が良い。

ひだり みぎ


窓の外はソイ11。アロフトの存在感にビックリする。IHGのバジェットブランドであるHIEXとSPGのバジェットブランドであるアロフト、ここでも共に似たような価格帯であるけれど、コンセプトは丸っきり異なる。ハード・ソフトのサービスを削り、最低限な機能が備わった清潔な部屋を朝食込みでお安く泊まらせまっせというホリデイインエクスプレスに対し、アロフトは若者受けしそうなバーやクラブも完備するなど、ヒッピーでお洒落なライフスタイルを追求したホテルになっている。設備面ではジムとプールを備えるアロフトが上だけど、アロフトは朝食が優良で、結構お高い。どちらをお求めになるかは宿泊者のお好み次第。改めてアロフトの宿泊記を張っておくので、参考にしてみては。

先述の通り、ホリデイインエクスプレスの特徴として朝食が宿泊費に含まれている。貧相な内容だけど。
ひだり みぎ
ジュース・フルーツ・シリアル・パン・ヨーグルトがそれぞれ数種類ずつに、コーヒー・紅茶・ウィンナー・粥・卵料理・麺などなど。メニューの変化は無く、連泊だと嫌気がさしてくること間違いなし。

以上!

【ホリデイインエクスプレス バンコク・スクンビット11】

住所: 30 Sukhumvit Soi 11, Klongtoey-Nua, Wattana, Bangkok
電話番号: +66 2 1194 777
email:info.bkkex@ihg.com
客室数: 161
リワーズナイト:20,000P/泊

Related posts (関連記事):

カラベルホテル宿泊記/Caravelle Hotel Saigon
パークハイアットサイゴンでのリフレッシュステイを終え、月・火はオペラハウスの真横にそびえ立つ高層タワーホテル・カラベルホテルに宿泊することに。ドンコイ通りとレロイ通りの交差点というこれ以上ないロケーシ...
SPGとMLBのコラボ企画開催中~プロモやら特別オークションやら~
ここ2週間ほど某国に軟禁状態。重要プロジェクトを抱えつつも4月には玉突き人事により今年9月に予定していた異動が前倒しとなるという意味の分からない非常事態にあり、週末も追い込んで仕事せねば間に合わぬ火事...
ワンダーラストホテル シンガポール 宿泊記 (Wanderlust Hotel)Design Hotels
シンガポールでのお宿はデザインホテルズの一つワンダーラストホテル(Wanderlust Hotel)。新たにSPGと提携したデザインホテルズに3泊するとSPGのカテ5以下のホテルで使える無料券が貰える...
ノボテル ジャカルタ マンガ ドゥア スクエア 宿泊記
メルキュール ジャカルタ コタに続くアコーのポイント乞食活動の場はノボテル ジャカルタ マンガドゥアスクエアに決定。今回はチェックイン時を除いて滞在2日とも朝早くから夜遅くまで外出していたので部屋の印...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする