シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シェラトン中山(中山喜来登酒店)クラブフロア宿泊記


この日は孫文所縁の町・中山の市街地ど真ん中に建つシェラトン中山へ。中山って中国の都市にしては妙な名前だけど、香山(現中山)出身の孫文の号が中山だったことに肖り中山に改名されたんだと。今でも中山は中国に於いて偉人の名前を取った唯一の都市らしく、そんな訳で中山に足を運ぶ度に稀代の革命家・孫文の顔が頭に浮かんできてしまうのである。

学生時代、阿片戦争⇒孫文出現あたりの世界史授業は胸アツで聞いてた覚えがあるw。文革あたりで一気に興味が萎えたけど。

話は逸れたが、シェラトン中山はSPGカテゴリー2で週末だと一泊3,000スターポイント(ウェルカムギフトで500ポイント還元されるから実質2,500ポイント)で泊まれるし、有償でもRMB500ちょい(6,500円)⁺⁺~という高コスパなホテルで、過去にも三度ほどお世話になっていてる。スタッフの当たり外れはあるけれど、概ね対応力のあるメンバーが揃ってるし、ハード面は問題無くシェラトンのスタンダードレベル。コスパの高さは世界のシェラトンの中でも屈指だと思う。

因みに、ここには某I社さんの出張者が大量に泊まっており、I社向けコーポレート契約は税込400で朝食付き⁺18:00までのレイトチェックアウトといった素晴らしく充実した内容になっている。米系ってほんとコーポレートが充実したところが多くて羨ましい限り。
ひだり みぎ
立地も市街地ど真ん中のリバーサイドと文句の付けどころがなく、外観も高級ホテルそのもの。日本のシェラトンが軒並み超過大評価気味なことから、ここの過小評価ぶりが余計に強調されて感じてしまう。

ひだり みぎ
ロビーも5つ星水準のグランド感だし、日本のどこぞやのシェラトンと違ってアーリーチェックインにも寛容で、プラチナ会員へのアップグレードに対しても気前が良い。どこぞやの日本のシェラトンには孫文の爪の垢を煎じて飲んでもらいたいものだ。

ひだり みぎ
チェックアウト後は最新鋭の快速エレベーターで26階のデラックススイートへ。スイートは44室と比較的多いことからスイートへのアップグレード率が高く、小生は3/3と打ち損じ無しの猛打賞を記録。

ひだり みぎ
独りの滞在には勿体の無いグランドスイートのリビングルーム。

ひだり みぎ
ソファー席のデスクの他、ワーキングデスクにダイニングデスクと机だけでも3つもあるし、この他にもちょっとした小物が置ける台も多数。

ひだり みぎ
ベッドルームは珠江に面した2面がガラス張りとなっていて昼は開放的、夜はロマンチック。マットレスはフカフカ、シーツはツルッツルのスベッスベで寝心地も◎。素っ裸で寝たら気持ち良い系のベッドと表現したら共感を得られるだろうか。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
部屋からは岐江公園と珠江が見下ろせる。夏の夜にはライトアップされた珠江でのクルージングも楽しめるし、川の向こうには隋唐時代から800年の歴史を持つ歴史街での買い物も楽しめる。孫文所縁の地を探索して回るにも好都合なロケーションだし。ほんと、立地的にも言う事なし。

ひだり みぎ
水回りもとてもカテ2とは思えない広さに清潔さ。

ひだり みぎ

ひだり みぎ
朝食と夜のカクテルアワーは27階にあるリバービューのラウンジで。贅沢にも高層フロアの川沿い側の一面がラウンジに使われていて雰囲気抜群。騒ぎ立てる系の大陸団体客はラウンジアクセスが無い場合が殆どなので客層も問題無し。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
カクテルアワーの食事はガッツリ系からデザートまで幅広い。殆ど住み着いているような白人出張者や駐在者も多いからか、ピザやナチョス、ブリトーと言った白人好みのメニューも多い。


特にホスピタリティ精神に溢れていた日本語勉強中のスタッフは地元で親の面倒見ないといけないからと退職しちゃったけど、他のスタッフも総じてフレンドリーだし、ここのホテルには良い思い出しかない。

ひだり みぎ
残念な点があるとすれば、それは朝食会場の混み具合だろうか。悪気はないんだろうが、大陸の田舎から大挙して押し寄せてくる団体が煩いのなんの。食べ散らかすし。


相席で目の前にクチャラーが着席しやがるし、周囲には同じツアー会社の帽子を被り大声で喚きたてる爺さん婆さんばかりという劣悪な環境。中国の人はナチュラルに声が大きすぎるので、こういった人の多い所にいると本当に耳と頭が疲れてくるんだ。発狂してるかが如く大音量で喋られますからね、皆さん。こちらではこの大声が寧ろ普通だから注意する訳にもいかないし。

そこそこ客室数のある大陸のホテルの場合、朝食はラウンジで摂るのが無難。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
卵料理も麺料理もあるし、何より静か~な環境で落ち着いて朝食を摂れるのが良い。

同じく中山にあるグローバルチェーンであるヒルトンとホリデイインにも泊まったけど、シェラトンが総合力ナンバーワン。ただ、IHG上級会員だと格安でクラブアクセスが楽しめるホリデイイン中山のコスト面での優位性も馬鹿にはできないので、後日ホリデイインも紹介していきたいと思う。

シェラトン中山(中山喜来登酒店)

住所: 中国 広東省中山市西区西堤路28号
電話: +86 760 8822 8888
アクセス:マカオや広州白雲空港から車で90分。香港から船と車で90分。


Booking.com

Related posts (関連記事):

頑張れ中山市精神文明建設委員会
ようやく朝晩は涼しくなってきましたここ中山。最近は夕食後の習慣として20~30分程度の散歩に繰り出しています。散歩自体が目的なのでルートや行先も決めず、周囲を観察しながらブラブラと近所を歩き回っている...
中国旧正月①『福シールと紅包事情』
新年好!!(新年が好きなわけではなく、中国語で明けましておめでとうの意味です。)今年の旧正月は2月7日から。小生は中期出張に出ており、正月二日にあたる昨日、約1ヵ月ぶりに中国に戻ってきました。 ...
広州でのSPG修行 ~プラチナチャレンジ中~
SPGプラチナチャレンジ中ということで、広州のSPGの中でも比較的お手頃価格のアロフト大学城とフォーポイント東圃に泊まってみた。プラチナチャレンジでは宿泊回数が対象(任意の3か月で18泊)なので敢えて...
2016年のホテル修行を考える~IHGロイヤルアンバサダーを目指そうか~
ここ1か月はホテル業界で大きな地殻変動が相次いで発生し、ホテラーにとっては本当に激動の一か月だった。 マリオットのSPG買収から始まり、ハイアットのステータスマッチ再開でSPGの難民争奪戦の火ぶたが...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする