シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターコンチネンタルホテルのアンバサダー会員って入会する価値あるの?


今日はIHGインターコンチネンタルホテルの有料会員制度であるアンバサダーに関する纏めを書いてみる。

【アンバサダーとは】
IHGの全ブランドを対象としたIHGリワーズクラブとは異なり、アンバサダーはIHGが誇る最高級ブランドであるインターコンチネンタルホテル&リゾーツ専用で威力を発揮する有料会員プログラムである。

【アンバサダー入会料】
・US$200
または
・32,000ポイント
IHGリワーズポイントの価値を1ポイント=0.5円と考える自分にはポイント支払いが得な計算となるので迷わずポイントで決済。入会ボーナスとして5,000ポイントが貰えるので実質は27,000ポイントでアンバサダーに入会できることになる。“自分価値”では入会費=13,500円となる計算だ。


通常、申込みから1~2ヶ月程度で会員証・バゲージタグ・ウィークエンド週末宿泊券・IHGリワーズクラブ5,000ポイント分の引き替え番号等が入ったレターパックが指定住所に送られてくる。ボーナスポイントの加算や宿泊券の利用はレターパックの到着を待たねばならないが、私の場合は登録から約12時間後にIHGの会員ページにアンバサダーステータスが反映されていたので、登録翌日の宿泊からアンバサダー特典を享受することができた。

ひだり みぎ
実際に送られてきたレターパック。入会から1~2か月程度かかるとのことだったが、入会日から3週間で到着した。

【アンバサダー会員更新料】
2年目以降のステータス更新にかかる料金の支払い方法に関しては幾つかの選択肢が用意されている。懐事情の苦しい貧乏ポイント乞食の為を思ってか、アンバサダー入会時同様ポイントの消費だけで身銭を切らずにステータスを更新することもできる。

・US$150で更新⇒10,000ボーナスポイント付与
・US$200で更新⇒15,000ボーナスポイント付与+特典宿泊で10%のポイント割引
・24,000ポイントで更新⇒5,000ボーナスポイント付与

では、これらの費用を突っ込んでまでアンバサダーに入会する価値はあるのか。アンバサダーの特典を以下の表に纏めてみる。

【アンバサダー特典】

IHG アンバサダー特典
客室アップグレード保証
ウェルカムフルーツ
ミネラルウォーター
ウェルカムギフト
2名宿泊でシングルルームの料金
午後4時までのレイトチェックアウト
アンバサダー会員専用チェックインエリア
1滞在につき有料テレビ映画を1本無料で視聴
新聞
インスタント・チェックアウト
ウィークエンド無料宿泊券
IHGリワーズクラブのエリートステータス
•IHGリワーズクラブ 5,000ボーナスポイント
ポイントを無料宿泊券などの特典に交換

色々と書かれているが、中でも価値があるのは週末無料宿泊券部屋のアップグレード午後4時までのレイトチェックアウトウェルカムギフト/ウェルカムフルーツあたりだろう。

・週末無料宿泊券
アンバサダー週末料金で土曜日を含む2連泊した場合に2泊目が無料となる。アンバサダー週末料金は前払いのボトムレートよりは高くついてしまう場合が殆どだが、それでも宿泊費用の高いインターコンチネンタル香港やストリングスホテル東京インターコンチネンタルにぶっこむだけで元は十分に取れてしまう。

例えば…

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルの某日最安値ルームの宿泊費を例に挙げてみよう。IHGリワーズ会員クラブ向けの週末特別レートは29,498円。これに対し、二日目が無料になるアンバサダー週末料金は36,500円となっている。週末特別レートで二泊した場合の宿泊費58,996⁺⁺円(≒US$536)に対して無料宿泊券を使えば36,500⁺⁺円(≒US$331)で済むのだから、やはり上手く使えば無料宿泊券だけでアンバサダー入会費(US$200)の元が取れてしまう計算となる。

他のインタコのウィークエンド無料宿泊料金はアンバサダー無料宿泊の公式サイトで確認あれ。

・部屋のアップグレード
前年度宿泊実績0の方でもアンバサダーに入会するだけでアップグレードが確約されるので、インターコンチネンタルでの宿泊計画がある方には有難味があるのではないだろうか。もちろん上記の無料特典券を用いた宿泊もアップグレードの対象となりますし。“上げ幅”は基本的には1つ上のランクへのアップグレードとなっているが、各ホテルの気前の良さや部屋の空き具合、会員ステータスレベル等によっても変わってくる。ゴールド・アンバサダーでも最安値からラウンジアクセス⁺スイートへのサプライズアップグレードがあったり、スパイヤ・アンバサダーでもワンランクのみのアップグレードのみだったりと波が大きいので計算しずらいのが難しいところ。アップグレードを引き出す為にチェックインスタッフへの献上品を準備して挑む強者もいるようだが、小生は殆どが1ランクアップのみと引きが弱い。

・午後4時までのレイトチェックアウト
これも基本的には100%確約されたベネフィットで、今までに断られた例は無い。勿論、無料宿泊の際も午後4時まで滞在可能。

・ウェルカムギフト
SPGプラチナのウェルカムギフトのようにホテルによって内容が変わってくる。御当地ギフト的な粗品が頂けることもあるので、個人的には地味に楽しみにしている特典の一つである。
ひだり みぎ
参考までに、左は上海のインタコEXPOで頂いたシューツリーとシューバッグ。右は品川にあるインタコストリングスのギフトで品川焼き。ギフトの内容は実用品から食品まで幅広い。


地域地域の特産物で面白いギフトが貰えることもある一方、こんな不要な外れギフトに当たることもある。

【その他】
今後どうなるか分からないが、IHGプラチナステータス時にアンバサダーを更新すると、プラチナ条件に達していなくてもプラチナステータスが更新されるというバグのような裏技もあったりする。但し、紹介はするが保証はしないので、この点については自己責任ということでご了承願いたい。

最後に…。
【ロイヤルアンバサダー】
IHGのゴールド⇒ゴールドアンバサダー・IHGのプラチナ⇒プラチナアンバサダー・IHGのスパイヤ⇒スパイヤアンバサダーといった具合にIHGの会員レベルに応じたアンバサダーランクが用意されているのだが、スパイヤが最上級ステータスとなるIHGリワーズクラブとは異なり、スパイヤアンバサダーの上にロイヤルアンバサダーと呼ばれる隠れ最上級ステータスが用意されている。


インターコンチネンタルホテルズの公式サイトにもしっかりと案内が載っているのに何故に隠れステータスなのか。それは、そのステータス獲得の条件にある。公式サイトのFAXには前年度の宿泊数が基準と書かれているが、実際はインタコからの完全招待制であり確固たる基準は公表されていない。以前はIHGグループ有償宿泊60泊・内20泊はインターコンチネンタル宿泊・最低3箇所のインターコンチネンタル宿泊が条件という噂があったもんだが、最近ではお布施額上位数%のみが招待されるという説も浮上してきたりと、未だ招待の条件は謎に包まれたまま。故に隠れステータス表現させて頂いた。その存在は公式に認められているのに招待条件は公表されていないという点に於いてはJALのメタル会員の様なものと言えるだろう。
*IHG事情に精通した方の情報によると、最新の招待条件はIHG75泊(うち、インタコ30泊)/年とのこと。

【結論】
IHGの中でもホリデイインやクラウンプラザといったブランドばかりに泊まってインタコには縁が無い方には殆ど無用の長物になってしまう。アンバサダー入会時にIHGのゴールドステータスが付与されるとはいえ、US$200あれば余裕でゴールドステータスを獲得することができるので。

ただ、入会金を払いさえすれば宿泊実績に関係無くインタコの優良会員として扱われる上に無料宿泊券まで付いてくるのだからお得度は高く、週末にインターコンチネンタルに連泊する予定がある方は入会する価値があると考える。一泊分が無料になるだけでなく、チェックイン時には専用カウンターで優良会員として尊重され、アップグレードされた部屋には専用ギフトやフルーツが用意され、更にはチェックアウトも16:00まで認めてもらえるのですから。

Related posts (関連記事):

ルメリディアン チェンマイ宿泊記(Le Meridien Chiang Mai)
タイ北部の小都市を回り終え、チェンマイへと戻ってきた。チェンマイ後半戦の宿泊先である立地条件最高のルメリディアン チェンマイに投宿する。ここ3日間は辺境の安宿の岩の様に固いベッドに寝たりもしたので、自...
シェラトン都ホテル東京 フロアセブン スーペリアルーム宿泊記
今年の夏に異常高騰していた東京のホテルの宿泊費が一段落したタイミングでシェラトン都ホテルに宿泊することに。夏の繁忙期は最安値の部屋でも普通に一泊3万円台中盤~という強気な価格設定となっていて、都ホテル...
IHGの最上級ステータス・スパイヤ攻略を考える
そうだ。今さらだけどIHGの最上級ステータスであるスパイヤに到達していたので、今日は少しIHG修行の話をしたいと思う。 IHG最上級身分なんて言えば凡人を寄せ付けぬ高尚な響きがするけど、実際は大...
ホリデイイン エクスプレス上海新虹橋 (上海新虹橋智選假日酒店)
この日は待ちに待った金曜日、夜遅くに上海虹橋空港に到着した。翌日はSPG遠征修行で虹橋鉄道駅から蘇州のエレメントホテルへ向かう予定だったので、この日はトランジット目的で虹橋にあるホリデイインエクスプレ...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする