シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラオス随一の商業施設 タラート・サオ・モール


ブッダパークからタラートサオバスターミナルに戻り、ターミナル横にあるタラート・サオというラオス最大規模の商業施設にて土産物を調達することに。

あ…あれ??流石にラオスなんでビーナスフォートみたいな洒落たショッピングモールがあるとは思わなかったけどさ、ラオス最大の商業施設なんだからララポートレベルくらいはあるかなぁなんて予想してたんだけどね。これじゃあ小さめのダイエー規模じゃないっすか。一応、独自ドメインの自社サイトもあるんだけど、イベント欄の最新記事が2012年の旧正月イベントって時点で「あっ(察し…)」っとなるわ。ディレクトリもアンダーコンストラクションだし。
ひだり みぎ
コの字型で二階建ての旧棟、2006年に完成した3階建てのタラートサオモール、タラートサオモール2の3つの建物で構成されてるようだが、建物の周囲はボロっボロのテントに覆いかぶされた露店群により埋め尽くされているので、どこがどうなっているのかさっぱり把握できん。


適当に見つけた入り口に吸い込まれるように内部へと入っていくと、空き店舗が目立ち何とも言えない荒廃感に包まれた市場に出た。服や電子機器、時計、そして宝石類を扱う小規模店舗がビルの中に集合していて、ラオス最大級最先端という触れ込みの商業施設ではあるが、ショッピングモールというより雑然とした市場といった風情である。

ひだり みぎ
なんか一昔前の広東省やインドネシアのマンガドゥアあたりにあるローカルモールを彷彿とさせる怪しげな雰囲気で、特に成金趣味の偽物時計の取り扱いが多く目に入る。というか多く目に入るとかの次元じゃなく、よく見たら同じものばかりが無駄に溢れていて飽和状態。

ひだり みぎ
こちらはタイガーバーム風の怪しい塗り薬や薬剤系に各種怪しいソープ系が並ぶ。滋養強壮に良さげなカプセル剤なんかも置いてあったが、土産物として持ち帰る勇気は無いのでスルー。

ひだり みぎ
市場の奥の方は食料、服、日用雑貨、白物家電などの生活密着系物資が揃っていて、観光客お断り的な殺伐とした雰囲気になっている。床にはゴミやら水たまりやらがあるし、歩いているだけで建物の行く末を案じずにはいられない。

ひだり みぎ
DVDはアニメを中心に充実のラインナップで、コナン・ドラえもん・ポケモン・ドラゴンボール・ハンターハンター・セーラームーン・遊戯王・スラムダンクと誰もが知ってる有名どころが揃っている。そして、御当地ならでは(?)の品として、仏教徒向けDVDも瞑想指南系から名刹紹介系までマニア納得の品揃え。


ゲームは最新物が揃う中国の裏市場より鮮度は落ちるけど、一枚100円程度と値段では勝る。

ひだり みぎ
ラオス伝統の巻きスカートであるシンくらいなもんかな、ラオス特有の商品って。


場末感溢れる市場の一角に場末感あふれるワッフル屋を発見。

ひだり みぎ
クールなワッフルwww。一つ5,000キップ(≒65円)、サクサクしてて意外と旨いというね。


旧館3階にはフードコートまである。フードコートは入り口でクーポンを購入してお店で注文時にクーポンで支払う仕組みのようだ。

ひだり みぎ
カオマンガイ・カオパット・カオラートゲーンあたりが15000キップ~。とりあえずぶっかけ飯あたりを食べたかったんだけど、残念ながら在庫切れみたいなこと言われて追い払われた。まだ16:00でこれからが稼ぎ時かと思うのだが…。

自分の歩き方が悪かったのか、土産物は見つけられず飯も食えずで、結局ワッフルを食べただけ。ラオス随一の商業施設の看板に偽りありだろ、ココ。

【タラート・サオ】



Booking.com

Related posts (関連記事):

スクーターで片道150キロの旅 シーパンドーンへ
今日も銀ぎら銀に輝く太陽の下、バイクでラオスの大地を駆け抜ける。目的地はパークセーから南に150Km離れたシーパンドーン(ラオ語で4000の島々の意味)。ラオス最南部のカンボジアとの国境に流れるメコン...
メコン川最大の滝 コーンパペンの滝
一番南から北上するコースをとろうと、コーンパペンの滝へとやってきた。ラオスで、またメコンで一番大きい滝と称される滝で、ホテルのお姉さんは「メコンのナイアガラ」「南部ラオスの自慢」と評していた。ここまで...
ビエンチャンのラオキッチンとNoy's Fruit Heaven
ラオス随一の商業施設と評判の高かったタラートサオ・モールで夕食にありつけなかったので、今宵の晩餐を求めてホテル近くを彷徨い歩くことに。 カフェやレストランが立ち並ぶサムセンタイ通り(Samsen...
伝説の女性が眠る ワット・シームアン
伝説の女性「シー」が眠るビエンチャンの名刹、ワット・シームアン。この寺院が建立された際、シーという名の妊婦が人身御供として自ら支柱の穴に飛び込み、それ以来守り神になったという伝説が残るビエンチャンきっ...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする