シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビエンチャンのラオキッチンとNoy’s Fruit Heaven


ラオス随一の商業施設と評判の高かったタラートサオ・モールで夕食にありつけなかったので、今宵の晩餐を求めてホテル近くを彷徨い歩くことに。

カフェやレストランが立ち並ぶサムセンタイ通り(Samsenthai Ave)とセターティラート通り(Sethathilat Ave)に挟まれたヘンブン通り(Henboun Road)を汗ダラダラで歩いていると、ラオ・キッチン(Lao Kitchen)を発見。トリップ・アドバイザーで高評価を得ている観光客御用達の名店と分かっていたので、女性の利用客で溢れ返るお洒落な店内に果敢にもオヤジ一人でアタックすることに。


黄色い建物がポップで可愛らしい造りで、オープンカフェかの様な洒落た雰囲気だ。最上階に人目を憚らず下着等を干してあるのはご愛嬌w


外にテラス席もあり、オープンエアで開放的な店内。評判通り大人気のようで、アジア人や白人若年層の旅人で満員御礼状態。また、人だけでなく蚊にも人気のようで、ブンブンと威勢良く蚊が飛び回っていた。


ツイッターでは間違えてルアンパバーンに到着とか呟いてるけど、正しくはビエンチャンに到着ですので、謹んでお詫びと訂正を。

メニューを見ると、基本的ラオス料理は隈なくカバーされていて何を頼むか迷わされるが、迷った末、チキンラープ(39,000キップ)・ルアンパバーンスタイルのポークソーセージ(45,000キップ)・ラオビールダークの大瓶(15,000キップ)・白米(カオニャオではなく普通の白米、10,000キップ)を注文。その後、ラオスの米ウィスキーのショット(5,000キップ)を二杯追加した。
ひだり みぎ
ラープは肉や魚をミンチ状にしたものとライムの汁、レモングラス、香草などを混ぜて炒めたラオスの代表的な料理。オシャレ系レストランなので一般的な屋台のラープとは見た目も違うし、辛味も無くマイルドで食べやかった。無難っちゃ無難だけど、客層の圧倒的大多数は観光客なので、癖のある味付けなどを控えざるを得ないんだろう。

腹一杯食って飲んで、〆て119,000キップ(≒1,560円)。大満足の夕食。ラオス料理は食べたいけど屋台は衛生的に抵抗があって、でもかといって一人で入れないほどの高級店でもなくて…という場合にラオキッチンは良いかもしれん。オッサン一人だと時間帯によってはキツイかもしれんが。

ひだり みぎ
続いて、ラオキッチンの対面にあるフルーツジュースパーラーに立ち寄ることに。


Noy’s Fruit Heaven。ビエンチャンの街歩きは暑すぎて途中で休憩を取らないとやってられないので、この手の店の存在は本当に有り難い。

ひだり みぎ
生絞り系・シェーク系・ラッシー系と、ドリンクメニューは滅茶苦茶豊富。シェークだけでも19種類ある。


結局、選ぶのが難し過ぎて、フルーツ全部混ぜのミックスフルーツシェーク(15,000キップ)を注文。ギンギンに冷たくて飲んだら生き返ります。少なくとも氷や水が原因で腹痛を起こすことはなかったので、ここのシェークやドリンクは安心して飲めるかと。

【ラオ・キッチン(Lao Kitchen)】

住所:Hengboun Rd., Baan Anou, Vientiane.
電話:021-254-332
メール:noi@lao-kitchen.com
営業時間:11:00-22:00(無休)



Booking.com

Related posts (関連記事):

ウボンラーチャターニー⇒チョンメック経由パークセー
本日はタイのウボンラーチャターニーから陸路ラオスに抜け、そのままラオス南部の都市パークセーへと移動する。ラオスと聞くだけでちょっと未知で未開な感じがするのは否めないが、ウボンからはパークセーへの直行国...
スクーターで片道150キロの旅 シーパンドーンへ
今日も銀ぎら銀に輝く太陽の下、バイクでラオスの大地を駆け抜ける。目的地はパークセーから南に150Km離れたシーパンドーン(ラオ語で4000の島々の意味)。ラオス最南部のカンボジアとの国境に流れるメコン...
コーン島とソムパミットの滝
チャリでデット島を横断し、続いてソムパミットの滝や仏印統治時代の蒸気機関車などの見どころがあるコーン島へと向かう。シーパンドーンには複雑な支流が絡み合ったメコン川の中に大小あわせて約4000もの島々が...
Dhavara Boutique Hotel (ダバラ ブティック ホテル ビエンチャン)宿泊記
ビエンチャンでのお宿はDhavara Boutique Hotel(ダバラ ブティック ホテル ビエンチャン)にお世話になることに。 ラオスってまだまだグローバルチェーン系ホテルの進出は殆どなく...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする