シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピサヌロークから冷凍夜行列車でバンコクへ


いよいよスコータイでの最終日がやってきた。スコータイからはバスか飛行機でバンコクに直行するのが一番楽な移動方法だが、乗り鉄と言う訳でもないのに珍しく鉄道に乗りたいという欲望を抑えきれなかったので、一旦ピサヌロークでバスを降りてバンコク行きの鉄道に乗り換えることに。往路みたく立ち席は勘弁なので既に乗車券もしっかり事前に買っている。21:40ピサヌローク発の04:00バンコク着で、バンコク⇒香港のフライトは時間に余裕をみて昼前のCX便を押さえてある。

朝、いつもの通り安室奈美恵を太らせたようなチャーミングな民宿ママさんと朝飯を摂り、後に主人のルークさんが加わって3人でまったり。その後、レンタルバイクの返却期限まで時間があったので、ママさんに紹介された町郊外にあるスワンカローク博物館を攻めてみることに。
ひだり みぎ
が、しかし、無情にも改修工事中につき閉館と…。ママさん…。

ひだり みぎ
仕方なく博物館周辺に放置されたスワンカローク焼きの残骸の鑑賞を楽しんでからバイクを返却。

ひだり みぎ
5日間で461キロと結構な距離を走ったが、返却時は特にクレームを受けることも無くデポジットの返金を受け、徒歩でトボトボと民宿へと帰還。そこで、部屋に入る私を見たママさんが一言、「早かったねぇ。」…。

ひだり みぎ
荷造りを済ませ、ルーク氏にバスターミナルまで送ってもらい、ラオスとの国境・メーサーイから南下してきたピサヌローク行き大型バスへと乗り込む。


こいつがとんでもない冷凍車で、しかも冷風口のツマミがぶっ壊れてて冷風直撃という悲惨な状況。空席があることを確認し、そっと席をチェンジする。


走り出してからも凍える寒さの冷凍車で何の変哲も無い田舎道を1時間ほど走り…


高名そうな僧侶と共にトップランドホテル前で下車、無事に解凍される。香港の地下鉄どころじゃない狂気じみた冷凍具合に怒りすら覚えてくる。ベトナムもそうだけど、南国の人たちって、寒ければ寒いほど極上のサービスで最大限のおもてなしであると考える節があるようだ。

電車の出発時間まではピサヌロークの町をぶらぶら。
ひだり みぎ
鉄道駅の南側で開かれる夜市でフライドチキンを貪り食い…


食欲を満たした後はショッピング。

ひだり みぎ
Superdry風パロディーシャツ。極度日本ってなんだよw。


小さな町なんですぐに手持無沙汰になり、鉄道駅近くで適当に見つけたバーに入ってみる。寝酒の力を借りて鉄道移動中に爆睡したいのだ。

ひだり みぎ
ここが大正解。後で調べたところによるとAmarin In Townというバーらしいのだが、クラフトビールや輸入もんビールも多く取り扱っている。まさかこんな片田舎でデシューツやのIPAが飲めるとは思わなんだわ。しかも、クラフトビール270バーツ、ラオビール80バーツと値段も良心的。鉄道駅から徒歩2分と立地条件も良いですし、夜行列車でピサヌロークから移動される方、寝酒にはコチラをお勧めします。

そんなこんなで時間を潰し、出発15分前にピサヌロークの鉄道駅へ。
ひだり みぎ
バンコクを目指す人々が集結していて賑やか。若者の皆さんは大志を抱いた夢追人で目標をもって上京するんだろうな、夜行列車出発前の夜だというのに目が良い意味でギラギラしてる。おっさんは完全にお眠でっせ。


鉄道に乗り込み、ドアを開けてビックリ。スコータイから乗ったバス以上にギンギンに冷やされてやがる。エクストラ・コールド。容赦ない冷気が体を襲い、溜め込んだ眠気は一気に吹っ飛んだ。早朝着だったので乗車して直ぐに就寝予定だったのだが…。


着席して出発するなりバスタオルのようなブランケットとドリンクにスナックが渡され、直ぐに消灯。

ここで寝たら死ぬぞ!という雪山での遭難シーンが頭を巡ってか、どうにもこうにも寝付けない。真冬に全裸で外に放りださせるくらいの拷問、完全に凍てつく夜だ。
ひだり みぎ
結局、列車は予定より早い03:40にバンコク・フアラムポーン鉄道駅に滑り込み、ほぼ無睡のまま冷凍拷問を終える。このまま空港に直行して香港へと戻り、翌日から通常通りの勤務という荒行だ。旅の疲れもどっと出て、残りヒットポイント1という衰弱しきった状態で翌日から仕事とか考えたくも無い悪夢である。

Related posts (関連記事):

チェンラーイの街をぶらぶら→山岳民族博物館へ
ワット・ローン・クン横の幹線道路でピックアップしてくれてソンテオのおっちゃんに促され降ろされた先は旧バスステーションか。料金が分からなかったので20B札1枚を渡すと親指立ててグーッのポーズが返ってきた...
またまたまたまた“由緒ある”寺院 ワット・プラシン
プラシン寺院は、1345年にランナー王朝第5代パーユー王によって建てられた由緒ある寺院らしい。“由緒ある”とか“格式高い”という常套句は今回の北タイ旅行で耳にタコが出来るくらい聞いてきたし、もうお腹一...
ウドンタニからラオスとの国境の町・ノンカイへ
ウドンタニでの短い滞在を終え、いよいよラオスとの国境に接するノンカイまで北上する時がやってきた。 お世話になったバイクを返却し、西洋風の淡いクリーム色が御洒落に光るウドンタニの鉄道駅舎へと向...
ワット・ケーク(ノンカイ版ブッダパーク)
さて、今回目指す先はワット・サーラーケーオーク、通称ワット・ケーク。「ブッダパーク」ノンカイ版と言ったら判り易いだろうか。この寺を築きあげたブンルア・スリーラット師は1932年にノーンカーイ生まれたタ...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする