シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カムペーンペット国立博物館


とりあえずカムペーンペット市内の見所というべき遺跡は隈なく全て見回ったので、仕上げとしてカムペーンペット国立博物館を見学することに。本当だったら先に博物館で予習をしてから遺跡回りした方が得る物の多い観光になったのだろうが、遺跡回りをし終えてからこの博物館の存在を知ったので仕方がない。
ひだり みぎ
敷地内ではワット・チャーンロムで発掘された16-17世紀のアンティークシンハと像がお出迎え。中々の演出じゃあないですか。


白亜の建物にジャワ建築を彷彿とさせるオレンジ煉瓦の屋根が青空に映える。流石は国立だけあって一地方都市の博物館にしては非常に立派な造りである。


流石は古都、博物館の手前に普通に遺跡が残されてるというね。


ちゃんと名前もありますよ。Wat Semangamというらしい。ただ、礼拝堂も仏塔も基壇しか残っていないので、遺跡としての見所には欠けるかな。像や獅子の像と同じで博物館的雰囲気を盛り上げる為の演出の一種くらいのものである。

ひだり みぎ
博物館の中は意外と良く整理されている。カムペーンペットの原始時代⇒ドヴァーラヴァティー文明時代⇒スコータイ朝時代⇒アユタヤ朝時代⇒バンコク朝時代と各時代の発掘物が時代ごとに展示され、その後、現代カムペーンペットの文化や民族の説明へと続く順序となっている。コンパクトで分かり易い博物館だ。

ひだり みぎ
考古学調査によれば紀元前1500年頃までにはモン族が今のタイに到達していたという。カムペーンペットにも早くから人類が定住していたようで、西暦1-500年前後のものとされる青銅器や陶器が多く発掘されているようだ。


モン族によるドヴァーラヴァティ文明がタイの仏教を導入した後、タイに上座部仏教が普及し始め、カムペーンペットの出土品にも仏具が多く含まれるようになってくる。

ひだり みぎ
6世紀から11世紀まで東南アジアで広く繁栄したドヴァーラヴァティー文明。タイ東北部のナコーンサワンでは7-11世紀のものとされるドヴァーラヴァティー文明の化粧漆喰アートが多く見つかっている。


カムペーンペット県で発掘された仏陀の頭(7-10世紀)。モン族が遺した仏陀の姿や建物の壁面レリーフの特徴からドヴァーラヴァティー文明では主として上座部仏教が信仰されていたと推定されている。

ひだり みぎ
カムペーンペット県で発掘されたロップリスタイルの仏具とダンベルだか枕だか(11-12世紀)。

スコータイ朝時代。
ひだり みぎ
カムペーンペットのWat Bo Sam Saenという寺院の装飾品であったマカラとナーガに、Wat Yaiの基壇の階段部分にあった装飾品。いずれも15-16世紀の物らしいが、非常に細かい装飾が施されていて、そのクオリティの高さに驚かされる。


Wat Kru Si Hongの敷地内から出土した15-16世紀のものとされる仏像。やはりスコータイの遺跡公園で見た仏像同様ように、妙に体のラインがフェミニンでセクシーな造りとなっている。

続いて時代はアユタヤ朝の治世へと移る。スコータイ朝時代後期からアユタヤ朝時代にカムペーンペットの町は対バルマ・ランナー朝の要塞として重要な拠点として発展し、この時代に数々の寺院が建てられた。
ひだり みぎ
テラコッタだな。16世紀の物らしいが明らかに装飾が複雑化していて技術の進歩を見て取れる。


16-17世紀の仏像コレクション。随分と表情のバリエーションが豊かになってきた。


17-18世紀の物でWat Sadetの僧院長像という説明書きがあるが、なんだって僧院長の像が…。


こちらがこの博物館で最も名高いプライスワン(シヴァ神)像。1510~11年にカムペーンペットの統治者が町に安置したものらしい。怒らせたら敵を徹底的に殺戮し尽くし死体の上で勝利の破廉恥ダンスを繰り広げ破壊神とは思えぬ落ち着いた井出達だ。

現バンコク朝時代。


バンコク朝時代の茶器や食器も多く展示されている。

良く纏まった分かり易い博物館であるが、如何せん規模が小さく1時間とかからず見学を終える。
ひだり みぎ
一応、土産物屋もあったので、小銭入れ用に幾つかイカした巾着袋を頂いた。


最後に、博物館に展示されていたシヴァ像のレプリカが博物館近くに安置されているというので立ち寄ってみると、大木の足下で神妙な面持ちで正面を見据えるシヴァ像を発見。


シヴァ像だけじゃなくヒンドゥーの神々がお揃いになられてる。


なんか適当にヒンドゥーやらクメールやらと思われる物を置き散らかしてみました的なチグハグな祈り場だが、参拝客は絶えないようだ。

【カムペーンペット国立博物館】

Related posts (関連記事):

由緒ある寺とみせかけたスーツ詐欺の拠点 ワット・イン
バンコク国立博物館前で自称ブッディスト英語教師に声をかけられ、トゥクトゥクにて近隣の仏陀を見て回ることになったのは先のスーツ詐欺(!?)に関する記事の通りだが、グーグルで検索し、位置関係や寺院情報から...
バンコクで感じるアラブ…
バンコクには日本人だけでなく様々な国籍の人々が集結している。ファランと呼ばれる白人や、物を仕入れに来るアフリカ系、政情が不安定なアフガンから商機を求めてお店を出しに来たハザラ人、遊びに来る韓国人に商売...
怠惰な土曜日昼下がりはエラワン祠とアマリンプラザへ
本日は土曜日で一日まるまるフリー。午前中は伊勢丹、セントラルワールド、ゲイソーンと周ってショッピング・エクストラバガンザを満喫し、午後は御利益が凄いと評判のバンコク一のパワースポット・エラワン祠の四面...
ワット・チャーンロム(スコータイ)
スコータイの寺院巡りの最後を〆るのは城壁東部に建つワット・チャーンローム。またかよ?と思われるかもしれんが、同じ名前の寺院をシーサッチャナーライとカムペーンペットでも見てきてるので、確かにワット・チャ...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする