シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビスタプリントで作るブロガー名刺 意外と簡単で安く済む


先日といっても1か月も前のことだけど、香港で某ブロガーさんと親睦を深める機会が有りましてね。
その際に頂いたのが何とも独創的で個性の塊みたいなブロガー名刺だったんですよ。
自分が普段頂く堅苦しい形式ばった感じの名刺とは異なる個性的でオリジナルなブロガー名刺を頂いてビビビって体中に衝撃が走り、社会学で言うところの役割理論を思い出させられた。

不意に出会った相手に自己紹介を求められた際、どう答えるか。
「わたしは○○です」この○○に入るのは多くの場合は自分の名前であり、学生や会社員なら所属組織を付け加えるだろうし、親であれば「○○の親です」といったように姉妹兄弟親子供の関係を入れる場合もある。この○○は、相手との関係において自分が担うことになる社会的カテゴリーであり、社会学ではまとめて「役割」と呼ばれる概念である。

今回のケースでは自分は会社員の立場としてこのブロガーさんと対峙している訳ではないので、彼に会社の名刺をお渡しするのも変な話だよな…。会社の名刺を渡す自分にすっごい違和感を覚えた訳ですよ。……

ということで、勢いで自分もブロガー名刺作ったりました。MOQの関係で100枚も作ったが、最近では嬉しいことに、同じ趣味の方々から連絡を頂く機会が増えてきてるので、数年あれば捌き切れるだろうw

さぁ決意してから最初にやるべきは名刺作成会社の選定。
名刺作成会社って掃いて捨てる程あるようなんだけど、その中でもしっくりくるテンプレートを豊富に揃えていたビスタプリント(Vistaprint)さんを利用してみることに。ネット情報では「名刺サイズに誤差がある」とか「ズレて印刷されてる」とか果てには届かない詐欺だとか…悪評もチラホラ聞かれたので心配ではあったが、まぁ安いしダメ元でトライすることに。

【ビスタプリントの特徴】
・デザインテンプレートが4,000種類超と豊富
・デザインから手配までソフト不要で全てオンライン上で完結

【大まかな手順】
・テンプレートデザインの選択もしくはデザインデータの入稿
・デザイン編集
・数量オプションの選択
・支払

デザインに関する専門知識なんか一切不要で思ったよりも簡単な作業だけだったので、テンプレの選択から発注まで10分とかからなかった。

それでは順に見ていこう。

ポロシャツなんかのアパレルや文具なんかもオリジナルデザインのものを発注できるみたいだけど、今回は左上の「名刺」ボタンをクリック。それにしてもしっかりしたシステマチックなウェブページだと思って調べてみたら、ビスタプリントの本社ってナスダック上場の大企業なのねw。2014年には株式会社プラザクリエイトとの合弁で日本法人を設立し、2015年7月には日本で自社工場まで作ってるとかビックリだわ。システムだけ作って印刷業務は外に丸投げかと思ったけど、自社工場でやってるなら品質面でも問題無いだろう。


デザインはお気に入りの自前デザインデータを入稿させるも良し、テンプレートに頼るも良し。自分でデザインするのも手間なんで、今回はテンプレートに頼ることに。


あるある。シンプル系から奇抜系まで選り取り見取りテンプレート集。これもビスタプリントの特徴の一つだと思うけど、検索機能も優秀で、「キーワード」「カテゴリー」「スタイル・テーマ」「向き(縦か横)」「色」から絞り込めるようになっていて、自分の好みに合致したテンプレが探しやすい仕組みが整っている。


テンプレを「山々に繋がる一本道」的なデザインに決めた後は編集作業。フォントの種類や大きさ、色、配置などをアレンジしてデザインを詰めたり、QRコードや顔写真を読み込んだりと、独自の仕様に仕上げていく。住所の項目は要らんのでtwitterのアカウント名の記載に変更して、ここのフォントをちょっと大きくしてから位置を微調整して…なんて。簡単作業だけど、結構、美的センスや感性が問われます。

フルカラー印刷×100枚で780円の追加料金がかかるけど、裏面のデザインも可能。折角なので裏面もカラー手配して、自分の趣味なんかを盛り込んでみる。

デザインを終えたら「次へ」を選択。最終決定前にプレビューで名刺を持った時の全体のバランスを確認し、決済へ。


続いて支払い用に会員登録をし、数量を決定。MOQは100枚で、発注数量が多いほど単価は安くなる。200枚推しのようだが、100枚でも消化するのに数年かかりそうなので、とりま100枚で。仮に足りなくなっても今回のデータは保存されるので追加発注は簡単だし。


裏面無しだとフルカラーでも100枚で990円~。どうです?金額的にも敷居は高くないでしょう。


これに送料500円と消費税が加算され、総支払額は2451円。1月31日夜中の発注で、2月4日には指定送り先に配達されるという。早えー。最短3営業日でお届け可能だと。


最後に、自分が選んだデザインを用いた、マウスパッドやポロシャツ、帽子、横断幕、ペン等の販促が入るので、興味がある方は是非w


出来上がり。表面は、バイクでラオスのパークセーからチャンパーサックにあるワット・プーに行く道中で見た牧歌的で美しい風景と被ったので、直感でこのテンプレを選んでみた。


ワットプーの記事に載せた画像なんだけど、今回のテンプレにピッタリじゃないですか。


裏面は遠くで連なる山々の稜線にフォーカスしたテンプレ。表面にベストマッチするテンプレが自動的にお勧めリストに載っけてくれるので、ユーザーとしては一からテンプレを探し直す必要も無いので有り難い。もちろん、表面とは全く趣の異なるデザインのテンプレを選ぶことも可能。

さぁ、ここまで来たら後は紙質ですよね。こればっかしは到着してみないと分からない。




届け先に指定した実家に戻ってみると…
ひだり みぎ
来てました来てました。発送元は木更津のビスタジャパンで、2月4日に大量の空気緩衝材+次回発注用の値引きクーポンと共に届けられていた。輸送状況もネットで追跡できるので、輸送中の紛失事故に遭うこともないだろう。


じゃん。

ひだり みぎ
じゃじゃん。


おお!イメージ通り!紙もペラペラで薄すぎることもないし、印刷がずれてることもなく、色もデザイン時に指定した色合いそのまんま。イメージと現物のギャップは殆ど無く、まさに思い描いていたものが届けられた。グッジョブ、ビスタプリント。

自分の名刺作るって凄い難しそうだったし抵抗があったんだけど、いざ作ってみたら簡単だし面白い。ブログをやられている方は自分だけのオリジナル名刺を作ってみては如何だろうか。

Related posts (関連記事):

中山市の地味に楽しめる観光スポット・中山城
昨日は中山市の数少ない観光スポットである中山城に行ってきました。 この中山城はお城でも要塞でもなく、2001年に中国中央テレビで放送された「孫中山」という連続ドラマの撮影用セットをテーマパークと...
中山城・日本景区
前回からの続き。 上海孫中山故居を抜けて直進すると、日本景区に入ります。 孫文は広州での武装蜂起に失敗後の1895(明治28)年に亡命目的で日本を訪れて以来、1924(大正13)年までの約...
旅行妄想病発病 ワンワールド世界一周って意外と安いじゃないですか
あぁぁぁあああぁ、旧正月にダナン・ホイアン行ったっきり旅行らしい旅行ができてないからか、溢れ出る旅欲を抑えきれなくなってきてる。夜な夜な行きたい国リストを眺めては旅先に思いを馳せるという旅行妄想病を患...
チャイナタウンのど真ん中に建つヒンドゥー寺院 スリ・マリアマン寺院
続いて、アモイストリートフードセンターの脇から階段を上ってアンシャン・ヒルを越え、チャイナタウンへと向かう。 小さな丘を越えて丘の向こう側のアンシャン・ロードに入ると、小洒落たバーやカフェ...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする