シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天空の神殿から地上の俗世界へ(チュト寺院⇒サンギラン)


シクー寺院・チュト寺院の見学を終え、ラウ山の中腹からサンギランへバイクで向かう。天空の幽玄の地から地上の俗世界へと降り立っていく気分である。

移動距離は55Kmと大したことないのだが、山間の九十九折れでスピードも出せないし、平地は平地で一部が凸凹道となっていたりしたので、3時間以上もかかることになるとは…
ひだり みぎ
標高3,265mの聖峰ラウ山を結構な傾斜で下ってく。


地球は丸い!って実感させてくれるようなダイナミックな地形が続く。

ひだり みぎ
富士山でいうところの5合目付近、そんな斜面までやっちゃいますかって急傾斜にまでネギ、キャベツ、トマト等の高原野菜がびっしりとマルチ張りで植えられている。人の営みも大自然に勝るとも劣らんな。


なだらかな稜線の中、新緑に満ち満ちた棚田の風景の神秘的な美しさを感じながらの下山。清々しい!

ひだり みぎ
標高1,000m地点、構造谷の谷底みたいなところに集落が見える。こんな神秘的な大自然に囲まれたとこで生活してりゃあそりゃ多神教になるわな。ここの山岳信仰は神道にすっごく似てると思う。

ひだり みぎ
標高600-800m程度まで下がると台地一面の茶畑が見えてくる。心が和み、日頃の緊張感を解いてくれるようなセラピー効果のある景色である。


標識の無い丁字路に差し掛かり、グーグルマップの出番がやってくる。携帯一つで全く未踏の地を自由自在に走り回れるのだから、グーグル先生様様である。


左に折れてみる。


Kemuningという山麓の村を過ぎてからは平坦な一本道を一路西へ。道路状態を懸念していたが、所々凸凹しているものの一応は舗装されていて助かった。

ひだり みぎ
周りの景色は茶畑から水田、麦畑に。

ひだり みぎ


そして、ゴム農園の中をひたすら突っ走る。

ひだり みぎ
延々と続く大規模ゴム農園を抜け、町が見えると安心する。

ひだり みぎ
給油。


リッター7,400ルピア(≒70円)で満タン近くまで。


また暫く一本道。町と町、村落と村落の距離が随分離れてるけど、基本は一本道なので迷う心配はない。

ひだり みぎ
ソロ川の支流を渡るとまた一本道。

ひだり みぎ
村落と村落は本当に何も無い。畑だけ。


道路の周囲に広がる収穫後の麦畑のような景色。あわよくばそこらへんでジャワ原人の村落跡を発掘できそうな気がしないでもない。


Pungsari村。


脱穀した麦の天日干し。やっぱりさっきのは麦畑だったか。


チェト寺院から実に3時間超、日焼け止めは汗で流れ落ち、腕は火傷でヒリヒリという状況で辿り着いたサンギラン博物館。なんかも疲れ切って博物館とかどうでも良いわくらいの気持ちも湧いてきたけど、ここまで来て参拝しないのは流石にな…ということで疲労困憊の身に鞭打ってジャワ原人の世界へと入っていくことに。


*翌日に撮った写真。どうです、この見事なポッキー焼け!前回のパークセーでのバイク旅行での反省を活かして日焼け止めを塗りたくったのにこのザマ。日焼け対策は長袖着用が正解だったんだな。

Related posts (関連記事):

渋滞知らずのトランスジャカルタ
ジャカルタ市内の渋滞が醜いことは以前から愚痴含みで書いたりしているが、今日は渋滞に関係無く市内を移動できる救世主をご紹介。 種明しから先にしますと、トランスジャカルタと呼ばれる公共バスがメシアの...
サリナデパートで民芸品の土産調達
そうだ、日本の友人にアジアン雑貨を頼まれていたんだ。ハイアットのチェックイン時間までの隙間時間で土産を買いに行こう。 ジャカルタの土産物市といえばブロックMのパサラヤモールが定番だが、折角ジャカ...
王宮公認のジャワ文化博物館・ソノブドヨ博物館
続いてソノブドヨ博物館。タマンサリ出口の周辺には大量のベチャが客待ちで屯していて、みんな生活をかけた客引きに必死。そんなベチャの大群の中から後ろの方で少し足を引きずっている誠実で弱そうなオジサンを敢え...
謎に包まれた世界最大の大乗仏教寺院跡 ボロブドゥール
今でこそイスラムが圧倒的多数で仏教徒は人口の1%ほどしかいないインドネシアだが、かつてこの国で仏教が栄えたことを雄弁に物語る巨大な遺構がある。ジャワ島中央部のジョグジャカルタから北へ40km程進んだ先...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする