シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【速報】アコーホテルズがフェアモント買収へ


出たぁぁぁぁぁぁあああああ~。
今しがた何気なくメール見たら、「AccorHotels_to_acquire_iconic_brands_Fairmont_Raffles_and_Swissotel」という題のメールが届いてまして…
もうメールの題名そのまんまなんですが、アコーホテルズがフェアモント・ラッフルズ・スイスホテルブランドを買収しましたよ、って内容。2016年の半ば程の買収完了を目指しているそうだ。

業界人の人たちにとっても青天の霹靂のようなブレーキングニュースであったようだが、実は今年の2月にフェアモント上海に泊まった後に、この買収劇が夢に出てきてたんですよ。
バジェット~中級ホテルが多くヨーロッパ中心に内弁慶なアコーと、ヨーロッパ以外を中心にラグジュリーブランドを展開するフェアモントって互いの補完性ばっちりだよな、と。アコー頑張って吸収しちゃえよって。それがまさか正夢になるとは。

予てからアコーの上級ブランドラインナップの弱さを嘆き悲しんできた小生にとっては、アコーホテルズによる高級チェーン・フェアモント・ラッフルズ・ホテルズインターナショナルの買収は歓迎すべき吉報だけど、アコーホテルズが従来の自社ブランドとは毛色の異なるフェアモントやラッフルズをどう扱っていくのかは気になるなぁ。

会員プログラム的にはマリオットとリッツカールトンみたいに互いのプログラムを共存させる流れでいくのかなとも思うが、アコーってibisのようなバジェットプランドとソフィテルのようなハイエンドブランドでポイント加算率を使い分けてるので、やっぱりフェアモントグループ宿泊実のポイント加算率を高めることでプログラムも統合させる流れになるのだろうか。これに関しては現時点では「アコーのプログラムに変化は無いのでご安心あれ」というアコーCEOによる第一報しか配信されておらず、正式な発表が待たれるところ。貯まってるアコーポイントをシンガポールのラッフルズやフェアモントにぶっこみたいわぁ。

先日マリオットによるSPG買収から各チェーンのステータスマッチオファー投げ売り大会の幕が切って落とされ、更にアコーのフェアモントグループ買収と続くホテル業界の地殻変動。ホテラーにとっては目まぐるしくて眩暈がするような1か月だったな。今後もサプライズが待っているのかもしれん。

Related posts (関連記事):

飴持ち必見 SPGキーレスで2,500ボーナスポイント
昨年末のキーレス導入からキーレス推進キャンペーンを連発してきたスターウッドだが、今度は凄い太っ腹プロモがやってきた。 なんと!SPGキーレスを使い、アメックスで宿泊費を決済するだけで2,500ボーナ...
アコーホテルズの会員プログラムが超絶改悪
ぐぬぬぬぬぬ。 遂に来た。前置きを掻い摘んで要点から申し上げると、2017年1月からアコーホテルズの上級会員獲得・維持のハードルが極端に高くなってしまうとの情報が発表された。どうも例年のポイントばら...
クラウンプラザ広州シティーセンター(広州中心皇冠假日酒店)クラブフロア宿泊記
この日はIHGの5,000ボーナスポイントパッケージを目当てにクラウンプラザ広州シティーセンターに泊まってみた。宿泊費に対するポイントと合わせて一度の滞在でを7,090ポイントも獲得できるのだから修行...
ホリデイインエクスプレス バンコク スクンビット 11 宿泊記
本日取り上げるのは去年末に泊まったIHG系のホリデイインエクスプレス バンコク・スクンビット11。2014年12月オープンと、3か所あるバンコクのホリデイインエクスプレスの中で最も新しいプロパティとな...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする