シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Mr. Rebates(ミスターリベーツ)経由でのホテル予約 使い方


今日は、キャッシュバックサイトのMr. Rebates(ミスターリベーツ)に関する纏め。

ミスターリベーツとは、一言で説明するならハピタスの欧米版。ミスターリベーツ経由でネット決済すれば、各ホテルの会員ポイントやクレジットカードのポイントに加え、ミスターリベーツのアカウントにキャッシュバックが振り込まれる。もちろん、ホテルだけでなく、家電や日用雑貨店など2,000とある提携先での支払いでもキャッシュバックを得ることができる。ハピタスがカバーしていない外資系サイトを利用する方には絶対おすすめのサイトである。

登録は無料。登録時にウェルカムギフトとして5ドルの餌が与えられ、アカウント合計が10ドル以上になるとPaypalで払い戻しが受けられる仕組みとなっている。例えばアコーホテルズ(キャッシュバック率5%)利用の場合、100ドル利用でキャッシュバック額が5ドルになり、初回の5ドルと合わせて10ドルをキャッシュバック申請できるようになる。ハピタス経由のアゴダ利用でもキャッシュバック率は3%ですからね。5%はデカいっす。

例えば、今年の国慶節のインドネシア旅行で予約したホテルを例にとると…

【予約内容】

ホテル名 宿泊数 合計宿泊費
ibis Yogjakarta Mariobolo 2泊 12,000円
Phoenix Yogjakarta MGallery 2泊 23,000円
Surakarta Heritage MGallery 2泊 12,000円
合計 6泊 47,000円

47,000円の消費に対して、以下のポイントを獲得することができる。

プログラム 内訳 獲得ポイント 円換算の価値
Accor 連泊キャンペーン 10,000 27,000円
早期予約ボーナス 1,500 4,050円
通常ポイント 780 2,106円
Mr. Rebates キャッシュバック N/A 2,350円
HSBC クレカP 11倍界王権 131.7 2,107円

ホテルポイントが33,156円相当、HSBCのクレカポイントが2,107円相当、そしミスターリベーツのポイントが2,350円分と、47,000円の消費で合計37,613円相当が還元される計算になる。 今回に関しては強烈なアコーの連泊キャンペーンの陰に霞んでしまっているが、Mr. Rebatesの5%キャッシュバックも決して小さくありません。

では、 アコーホテルズ以外はどうなのか。有名どころのホテルチェーンのキャッシュバック率をピックアップしてみましょう。

・アコーホテルズ 5%

・IHG 6%

・マリオット 3%

・ヒルトン 3%

・ベストウェスタン 3%
・Booking.com 3%
・Expedia 3%

その他、航空会社でも若干のキャッシュバックが用意されている。
・エミレーツ 1%
・エティハド 1%
・Air France 1%

【Mr. Rebatesの使い方】
義務教育レベルの基礎英語さえ分かれば至って簡単。

ihg rebates3
ログインした状態で、左上赤枠のSearchに検索ワードをかける。試しにIHGで検索すると…

ihg rebates2
IHG関連のお得情報がズラリと並ぶ。6%のリベートの他、宿泊費割引などのクーポンなんかもリストアップされてくる。

ihg rebates
IHGの文字をクリックするといつものIHGオフィシャルサイトに飛ばされるので、後は通常通りに予約をするだけ。

前回のIHG修行で初めてMr. Rebatesを利用してみたのだが、問題無く利用できました。

ホテルチェックアウト日から3日後、決済日・決済金額・リベート額を記載した詳細のメールが届く。宿泊金額US$148.39の6%にあたるUS$8.90が口座に貯まり、90日後にキャッシュバックが受け取れます、と。普通に予約をしていたら得られないお金ですからね。ありがたやありがたや。

【キャッシュバックの受け取り方法】
北米在住民は小切手での受け取りも可能だが、日本からのキャッシュバックの受け取りは基本的にはPayPalのみ。まぁペイパルを噛ませる分だけ若干の手間はかかるが、煩雑な手続き等は不要なので、この点についてはそこまで問題視する必要無し。


My Accountにマウスポインターを持って行きドロップダウンリストからRequest PayPalをクリック。その後、Your PayPal Addressにペイパルに登録しているメールアドレスを入力し、Request PayPal Paymentをクリック。これだけ。至って簡単で複雑な作業もないので、高度な英語理解力も必要無し。

Mr.Rebates側での手続きを終えた後、PayPalへの支払いは受け取り申請をした翌月の2-3日頃に支払われる。PayPalアカウントに振り込まれた後はペイパルでの決済に充てるもよし、自分の銀行口座に引き出すもよしと、煮るなり焼くなり自由に使い道を決定できる。但し、日本の銀行口座に49,999円以下を振り込む場合は250円の手数料が引かれる点だけご留意いただきたい。(米国の銀行口座への振り込みや日本の銀行口座に50,000円以上を振り込む場合は手数料無料です。)

ペイパル経由でも大して作業量が増えるわけではないので、外資系サイトを利用する時はアリだと思う。是非ご活用あれ。
Mr. Rebates
眼鏡をかけた金袋がオフィシャルマスコットのリベーツ氏。

Related posts (関連記事):

IHG 香港絡みのプロモーション2連発
あちー、あちー。 リアルタイムでは香港に戻ってきたんだが、11月中旬にして最高気温29度とかなんですか。今日はCX543が沖止めで、冬支度で重装備していたこともありタラップに出た瞬間に汗が大噴出しま...
SPG修行での使い勝手も良いシェラトン広州
今回の宿泊先は広州の新市街地とも言うべき天河エリアにあり、空港からの移動も地下鉄で一本と何かと便利な立地のシェラトン広州。広州にはWホテル1箇所・ウェスティン2箇所・フォーポインツ1箇所・アロフト1箇...
タンゼノホテル ノンカイ(Tanzeno Hotel)宿泊記
ノンカイでの宿はラオスとの国境に近いタンゼノホテル(Tanzeno Hotel)。アゴダでの予約で朝食込み3,500円と、3つ星ホテルで1,500円から2,000円台が相場のノンカイにしてはやや高いけ...
シェラトン中山(中山喜来登酒店)クラブフロア宿泊記
この日は孫文所縁の町・中山の市街地ど真ん中に建つシェラトン中山へ。中山って中国の都市にしては妙な名前だけど、香山(現中山)出身の孫文の号が中山だったことに肖り中山に改名されたんだと。今でも中山は中国に...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする