シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

MOJO ドンコイ通りに面したお洒落カフェ/バー


ドンコイ通りに面したオープンテラス席がしばしば白人観光客の盛り場となっているMOJO on DONG KHOI。名前も良いですよね、MOJO。喪女でもない、JOMOでもない、MOJO。英語では魔術・呪術、スラングでは麻薬程度の意味の言葉なんだが、なんか、エロ妖しいコノテーションを感じさせてくれる響きの言葉じゃないですか。

このモジョ、一応シェラトン内の飲食施設ということでスターポイントも貯まるので、ちょっくら入ってみることに。

先ずはランチ。排気ガスをまき散らして走るバイクの大群を目の前に食事をするのは気が進まなかったので、冷房ガンガンの店内で食事を摂ることに。


店内はMOJOのイメージカラーであるオレンジと黒、茶系のインテリアで統一されていて見栄えが良い。シェラトンの客室もこれくらい真新しかったら良いのにと思わずにはいられない。

メニューはアジアンエスニック系+ウェスタンフードがメイン。日本食、韓国料理、マレー・タイ系料理、ベトナム料理、ピザにバーガーにパスタ…まぁいわゆる何でもござれ系か。SPGカードで15%オフとなることを確認してからオーダーを決めようとしたところ、寿司に天婦羅がついた鮭定食みたいな弁当があるとのことで、そいつを頂くことに。


MOJO弁当。もう見た目からしてハズレ。味も勿論ハズレ。ソースの味しかしない焼き鮭、醤油がききすぎの炒飯、申し訳程度の貧相な寿司、北米の中華料理屋で出てくるフォーチュンクッキーのような見た目をした、殆ど衣しかないエビフライ…エビフライの中にオミクジが入っててもおかしくないくらい不自然に膨れ上がってますからね。

更に、弁当だからお吸い物もついてんのかー。水っぽいんだろうなーと思って蓋取ったらワンタンヌードルだし。なんか微妙に中華が混じっちゃってるんだよなー、炒飯といい。

完全にハズレ。だけど、こんな店で弁当を頼んだ自分が悪い。VND300,000(1,500円)もありゃ日本食屋で腹一杯食べれるので、和食が食べたければ大人しくレタントンに行くべきだった。何を血迷いこんなとこで弁当を頼んでしまったのか!自責の念に駆られてしまう。

別の日の夜に再訪。

夜はもう少し違った印象だ。コンテンポラリーなインテリアが洗練されたバーみたいな雰囲気を出していて、客層も禿げ散らかした小太りの白人沈没者ではなく、小綺麗に着飾ったベトナム女子やマダムの姿が目立つ。
ひだり みぎ
音楽もホセなんとかって奴が歌ってそうなラテン系ポップミュージックが流れていて、洒落たムードを演出してる。

注文は何でもいいが、弁当以外と心に決めている。

MOJOシーザーサラダ(VND310,000)。ボリュームあり過ぎてこれだけで腹が膨れてしまう。味も良いし、これはアタリ。弁当の汚名はシーザーサラダによって見事に返上された。


サラダがごっつすぎたので、メインは軽めにシーフードラクサ(VND295,000)。これもイメージ通りのものが来てくれた。


海老、魚の練り物、イカ、厚揚げ豆腐、鶉の卵と具沢山。マイルドなココナッツミルクと濃厚なカレーの中で海鮮のダシのきいた深みのある味で、これは美味い。腕の良いシェフがいるんだから、あんな似非日本食なんかで評判を落とすのは勿体ない。弁当は即刻メニューから外すよう提言したい。

DSC_4623
ドリンクはベルギーのレフビール(VND135,000)。他にヒューガルデンやステラ、コロナなんかの輸入ビールを飲むことができる。


カクテルのおススメはMOJOモヒート(VND230,000)。ただでさえ小さいグラスの半分が氷という虚しさはあるが、潰したイチゴががっさり入っててフルーティーで飲みやすいおススメの一杯だ。

ドンコイで観光に疲れた際にひょこっと立ち寄るには便利なカフェ/バーではあると思う。

【MOJO on DONG KHOI】

住所:Sheraton Saigon Hotel and Towers 88 Dong Khoi St. Dist.1. Ho Chi Minh
電話番号:(08)38272828
営業時間:07:00-23:00

Related posts (関連記事):

ジャズ in ベトナム
土曜日の夜、食後に道端で 『Sax N Art Jazz Club』というシャレたJazzバーを発見。ベトナムでジャズの生演奏?ちょっと半信半疑ながらも覗いてみることにしました。 敷地は広くない...
ハノイからラオカイ経由でサパ&バックハーへ
今年の端午節はハノイを経由してラオカイ、バックハー、サパなどベトナム北部への観光に出ると決めていたのだが、ここにきて南シナ海を巡って中越間の関係がきなくさくなってきた。ラオカイは中国は雲南省河口市と国...
バック滝で体験できるエクストリーム・スポーツ(!?)
午前中に赤ザオ族の村の訪問を終え、午後は絶壁を流れ落ちるバック滝の観瀑台へと登⇒モン族・ザオ族の住むラオチャイ村・タヴァン村巡りという旅程を組んでみた。時間に余裕があれば少数民族の村々を結ぶ渓谷を自ら...
ホイアン初日の夜 幻想的な世界遺産の町並みに癒される
ハノイで無事にVN175に接続できたお蔭で早めにホイアンに着いたので、ホテルの受付嬢イチオシのバーに足を運んでみることに。外は心地よい夜風が吹いており、夜のホイアンの町を快適に散歩できそうだ。シャツ一...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする