シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【アコーホテルズ修行】キャンペーンを狙い打て


さて、先日に紹介をさせて頂いた2連泊×3で10,000ポイント還元のばら撒きキャンペーン。先のジャワ島旅行で早速コンプしてきました。

その結果…

ワオ。2泊×3の合計6泊で32,400円相当のポイントが加算され、あっさりゴールドまで昇進してるw

宿泊数や必要ポイントから判断して一見ハードルの高そうなアコーホテルズのポイントプログラムだが、キャンペーンを狙い撃ちすれば楽勝で、グローバルチェーンの中でも最上級ステータスの獲得難易度はアコーがダントツで低いことが確認できた。

【アコーホテルズ各ステータスの獲得基準と主なベネフィット】

シルバー 10泊または2,500ポイント
ゴールド 30泊または10,000ポイント
プラチナ 60泊または25,000ポイント

こんなん書かれたら敷居高すぎぃぃぃって思いますよね。60滞在or25,000ポイントってどんだけ高嶺の花ぶってんですか…。でも、実際にはキャンペーンのポイントが丸々ステータス用ポイントにカウントされるんで、僅か6泊でプラチナに必要な修行用ポイントの半分も稼げてしまうヌルゲーぶり。それでいてプラチナベネフィットとしてラウンジアクセスやルームアップグレードまで付けてくれるんだから太っ腹にも程がある。

ポイントの加算率はユーロベースの上にホテルのブランドや会員ステータスごとに異なってくるのでちょっと複雑。
【10ユーロごとの獲得ポイント】

ステータス ソフィテル
プルマン
Mギャラリー
グランドメルキュール
ノボテル
スイートノボテル
メルキュール
アダジオ
イビス
イビス・スタイルズ
アダジオ
アパートホテル
アダジオ
アクセス
アパートホテル
クラシック 25 12.5 10 5
シルバー 31 15.5 12.5 6.25
ゴールド 37 18.5 15 7.5
プラチナ 44 22 17.5 8.75

・ポイント計算機:こちら。宿泊先ブランド・ステータス・宿泊費用を入力すれば、獲得ポイントが算出される。

キャンペーン無しだと、ゴールド身分でアダジオ以上のブランドに6,756ユーロ(≒91万円)を突っ込んで漸くプラチナに解脱できる計算だ。税金やサービス料がかかるので、実際の支払金額はゆうに100万円を超えてくるだろう。こりゃあ一見して敷居が高いプログラムだと感じてしまうのも無理は無い。今回、キャンペーンを効率良く利用すればプラチナ解脱も簡単だと分かって良かったわ。

最後に、備忘録も兼ねてアコーホテルズの概要を書き残しておく。
【基本情報】
フランスのパリを本拠地に世界90か国以上に展開している世界規模のグローバルチェーン。欧州に強く北米に弱い。日本でもアコーホテルズとしての認知度は高くないけれど、ノボテルやメルキュール、イビスなど中~低級クラスのブランドを中心に全国11箇所で運営してる。

【ホテルのブランド】
・ソフィテル
・プルマン
・Mギャラリー
・グランドメルキュール
・セベル
・ノボテル
・スイート ノボテル
・メルキュール
・アダージョ
・イビス
・タラッサ

ブランドランクは上からソフィテル>プルマン=Mギャラリー>ノボテル=メルキュール>イビスという順になるかな。SPG・ハイアット・マリオットなどのチェーンと比較するとお手頃な費用で泊まれるブランドが多く揃っている。今回の6泊ではMギャラリー2か所とイビスに泊まったけど、Mギャラリーはホテル所在地特有の芸術品を集めたギャラリーというコンセプトの基に客室もロビーも芸術性の高いデコレーションで覆われていて、さながら博物館に泊まっているような面白さで楽しめた。

アコーって半年周期くらいで太っ腹キャンペーンをぶちまけてるんで、これからはSPGとIHGに次ぐバックアップとしてキャンペーン時に利用していきたいと思う。ポイント乞食と罵られ蔑まれてもアコーはキャンペーン時の利用に限る。ということで今日のエントリーは終了!

Related posts (関連記事):

アコーホテルズで最大10,000ポイント(27,000円相当)還元キャンペーン
半年周期のペースで定期オファーされるようになったのか、今年3月に引き続きアコーホテルズのポイント還元キャンペーンが開催されるようだ。前回同様に今回も連泊×3で10,000ポイントが還元される他、今回は...
2016年のホテル修行を考える~IHGロイヤルアンバサダーを目指そうか~
ここ1か月はホテル業界で大きな地殻変動が相次いで発生し、ホテラーにとっては本当に激動の一か月だった。 マリオットのSPG買収から始まり、ハイアットのステータスマッチ再開でSPGの難民争奪戦の火ぶたが...
ホリデイイン中山ダウンタウン宿泊記 IHGプラチナ以上にお勧め
この日は暇をもて余していたので、思い切ってフェリーで広東省の中山市まで足を運んでみることに。久しぶりに中山でブラブラしたかったし、なんたってホリデイイン中山がポイントブレーク中につき一泊5,000ポイ...
シェラトンウルムチ クラブフロア宿泊記
ハミからトルファン経由でウルムチまで鉄道で移動した前回エントリーからの流れで、新疆時間03:30にシェラトンウルムチに到着した。場末感満載のB級ホテルしかないような辺鄙な田舎町を巡り歩いた末に辿り着く...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする