シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アコーホテルズで最大10,000ポイント(27,000円相当)還元キャンペーン


半年周期のペースで定期オファーされるようになったのか、今年3月に引き続きアコーホテルズのポイント還元キャンペーンが開催されるようだ。前回同様に今回も連泊×3で10,000ポイントが還元される他、今回は早期予約ボーナスとして9/11までの予約で1滞在あたり500ポイント(3滞在まで/合計1,500ポイント)を獲得できる。いつもの通り修行用ポイントにもカウントされるようだし、こりゃあ上級ステータスを目指す修行僧にとってはマリオカートのキノコばりのブーストだ。

公式サイトはコチラ。
http://www.accorhotels.com/ja/leclub/hotels-offers/promotion-43582-promotion.shtml?xtor=AL-40


1回目の連泊で1,000ポイント、2回目で4,000ポイント、3回目で5,000ポイントがそれぞれ付与され、3度の連泊で合計10,000ポイントのボーナス。アコーホテルズの会員プログラムであるLe Club Accorhotelsでは2000ポイント=40ユーロ(≒27,000円)として利用できるので、27,000相当還元キャンペーンという訳だ。

最低6泊で27,000円相当の還元ということになるが、魅力的なのはアコーホテルズの価格帯。他のグローバルチェーンと違ってイビス等のローコストブランドが充実しているので、1泊5,000円以下の東南アジアのイビスを駆使すれば、30,000円程度の出費で27,000円相当のリターンを得ることができる。

【概要】
・ポイントはチェックアウト後28日後までに加算
・予約受付期間 2015年9月7日から2015年9月20日まで
・対象滞在期間 2015年9月7日から2015年12月31日まで

【注意点】
・対象滞在期間に対して予約期間が短かすぎる!しかも未だプロモ登録ができないし。
・中国のイビスはアコーホテルズのLe Clubに加入していない。*1
・予約前にキャンペーンに登録していないと無効。
・一日に複数の部屋を予約しても1滞在とカウントされる。
・ボーナスポイントに対しては上級ステータスの加算率ブーストは適用されず。

この手のアコーのキャンペーンでオイシイのは、キャンペーンでのボーナスポイントもエリートステータス獲得用ポイントにカウントされるということだろう。一般的にはボーナスポイントはステータス修行用のポイントにはカウントされないものだが、上級会員のバラマキが大好きな気前の良いアコーはそんなケチ臭いことはしない。ということで、新規加入者でも今回のキャンペーンで10,000ポイント獲得したら一気にゴールド会員の座を射止めることができる。

シルバー 10泊または2,500ポイント
ゴールド 30泊または10,000ポイント
プラチナ 60泊または25,000ポイント


前期の連泊キャンペーンもコンプしてればボーナスポイントだけで20,000ポイントと、プラチナへの壁は残り5,000ポイントのみ。年間宿泊数60ポイントまたは25,000ポイントと、一見ハードルが高そうなアコーのプラチナステータスだが、キャンペーンを駆使すれば余裕のよっちゃん(古いっすね)で獲得することができる。まぁ過去にも登録するだけで最上級会員になれるインスタントプラチナキャンペーンや1泊だけでゴールドになれるような驚きのバラマキプロモを繰り出してきたアコーですからね。気前良すぎます。(そのくせステータスマッチには応じてくれないけど)というわけで、目指していたSPGの75宿泊アワード狙いを止めてでも、今年中に3回はアコー系列のホテルに連泊したいと思います。

*1: Le Clubに未加入のアコープロパティーリストの一覧はこちら
http://www.accorhotels.com/ja/leclub/pdf/hotels_exception.pdf

Related posts (関連記事):

マンダリンオリエンタル ジャカルタ宿泊記(Mandarin Oriental Jakarta)
決算月だというのに忙しなく動き回ることを余儀なくされた今年の3月。前半戦はジャカルタで監禁されてストレスレベルが最高潮に達したので、週末こそはホテルでまったりリラックスしてやろうとマンダリンオリエンタ...
【プロモ】SPG Q2プロモーション
例年5月から始まるSPGのQ2プロモ、毎年4月中旬頃にはプロモ内容がアナウンスされているのだが、今年は本日5月3日時点でTribute Portfolioの例のアレ以外に何のオファーも無し。無しの礫。...
シェラトンサイゴン ホテル&タワーズ クラブフロア宿泊記
ソフィテル、Mギャラリー、プルマン、ノボテル、ibisと、アコー系列のホテルが充実しているホーチミン。今回の出張では新規開業したばかりのMギャラリーを試したかったところだが、やはりここでも見事にシェラ...
2016年のホテル修行を考える~IHGロイヤルアンバサダーを目指そうか~
ここ1か月はホテル業界で大きな地殻変動が相次いで発生し、ホテラーにとっては本当に激動の一か月だった。 マリオットのSPG買収から始まり、ハイアットのステータスマッチ再開でSPGの難民争奪戦の火ぶたが...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 田中 より:

    そのくせステータスマッチには応じてくれないけどに線が引いてあるということはステータスマッチの受付を開始したのでしょうか??

    • ポンズ より:

      田中さま
      コメント頂きありがとうございます。
      小生もアコーホテルズはステータスマッチの受付を完全に締め切っているとの認識だったのですが、読者様から「海外ではステータスマッチの成功例が挙げられている」とご指摘を頂いたもので…海外での成功例もネット情報なので信憑性があるのかといえば小生は否定的ですが。因みに小生はSPGプラチナ50泊の実績をぶつけてみましたが、敢え無く撃沈してしまいました。プロモを有効活用すれば非常に容易に最上級ステータスも取れるので、一から修行に励んでいます。