シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IHGリワーズクラブの変更点とプロモーションのお知らせ


今年の4月に一部内容に大幅修正が入ったIHGのリワーズクラブ。地味~にアジア・アフリカ・中東のホテルを対象としたミニプロモが開催されていたので、変更された会員条件と合わせて紹介します。

【変更点】
●ポイント有効期限の改悪。
・ポイント有効期限が無期限から、最終加算/減算から12ヶ月で消滅するSPGのような仕組みに改悪。使ってるうちは実質無期限のようなものですが。

●無料宿泊特典に必要なポイント数の見直し。
・300軒は5000~10000ポイント増加
・150軒は5000ポイント減少
・増加分が多いだけ若干の改悪。

●上級ステータス獲得の条件変更。
・複数ブランドでの宿泊という縛り条件も撤廃。
・ゴールドは15泊(or 20,000P)⇒10泊(or 10,000P)に変更。
・プラチナは50泊(or 60,000P)⇒40泊(or 40,000)に変更。
・75泊(75,000P)でSwire(スパイア)という最上級ステータスが登場。

●新設されたSwireの主なベネフィット
・宿泊ポイント加算はベース+100%。
・年に一度、2.5万ポイントかプラチナの譲渡権が付与される。

うーん、アンバサダーとIHGリワーズダイニングのコンビネーションでプラチナを“買う”という抜け道的な技ができるプログラムなんで、ステータス条件が緩和されたところで何とも思わない。

「IHGにとって、スパイアエリート会員様はVIP以上の存在。IHGというファミリーの中心を担う大切なお客様です。スパイアエリート様向けにご用意した特典の数々をお楽しみください。」なんて文言が見られるが、特典内容としてはショボすぎ。逆に改めて25泊で獲得可能なSPGの特典内容の充実ぶりを思い知ったわ。25泊でラウンジアクセスだもんな。更にスパイアと同じ75泊だとYour24なんて面白い特典も得られるし。

【ステータスごとの特典纏め表】

クラブ
(CLUB)
ゴールド エリート
(GOLD ELITE)
プラチナ エリート
(PLATINUM ELITE)
スパイア エリート
(SPIRE ELITE)
到達基準 対象となる宿泊数 10泊
(従来15泊)
40泊
(従来50泊)
75泊
(新設)
必要なポイント数 10,000ポイント
(従来20,000ポイント)
40,000ポイント
(従来60,000ポイント)
75,000ポイント
(新設)
ポイントまたはマイルの獲得  ○
レイトチェックアウト
平日の新聞無料サービス
会員専用の電話によるカスタマーサービス
無料宿泊特典
無料宿泊特典での宿泊でもエリートステータス獲得の必要宿泊数にカウント
無料インターネット接続
プライオリティ・チェックイン
ボーナスポイントの加算率 10% 50% 100%
エリート繰越宿泊
無料の客室アップグレード
客室保証サービス
ステータス獲得時に会員限定の選択特典

で、そんなIHGで地味ーにプロモを開催中。
【プロモ内容】
内容:アジア太平洋・中東・アフリカに4回の滞在後に15,000ボーナスポイント付与+最大で宿泊費35%オフ。
期限:2015年7月1日~12月31日
公式サイト:Make Your Stay More Worthwhile than it’s Ever Been

以上、参考まで。

Related posts (関連記事):

ルメリディアン チェンマイ宿泊記(Le Meridien Chiang Mai)
タイ北部の小都市を回り終え、チェンマイへと戻ってきた。チェンマイ後半戦の宿泊先である立地条件最高のルメリディアン チェンマイに投宿する。ここ3日間は辺境の安宿の岩の様に固いベッドに寝たりもしたので、自...
ケンピンスキーサイアム クラブルーム宿泊記
ずーっと前から気になってたケンピンスキー・サイアムのクラブルームに泊まってみた。取引先のお偉いさん曰く、誰もが認めるバンコク一、否、アジア一のラグジュアリーシティーリゾートホテルとのことだ。中毒性があ...
クチャ国際ホテル 宿泊記
クチャでの宿泊先はクチャの鉄道駅から程近いクチャ国際ホテル。クチャには早朝着、深夜発で滞在時間17時間程度の為、市内よりも鉄道駅に近い当ホテルを選択した。一泊朝食込みで120元だったかな。閑散期だった...
IHG 2017年Q3(秋冬)のAccelerate Promotionと復活のOTAプロモ
秋のIHG Accelerate Promotionの内容が発表された。開催期間は9月1日から。現在開催中のAccelerate Promotionの開催が8月31日までなので、他チェーンと比べて隙間...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする