シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外でクレカへの不当請求被害に遭った


海外のホテルから不当請求を受けた話。

一応の名誉の為にホテル名の一部を伏せようと思うが、バレバレかな。
4月末にJW ●arriott 香港に宿泊したんですわ。週末香港ってホテル代がむっちゃ高騰するし、予約サイトによっても価格差異があったりするから色々と比較した結果、Agoda経由JW ●arriottのクラブアクセス付きプランがお得感あったんで泊まってみました、と。公式の●リオットサイトにベストレートギャランティー依頼を仕掛けるのも面倒だったので、そのままアゴダで予約をポチッとな。全額前払いディール。

宿泊記は後日アップするけど、今思えばチェックイン時から危なげな対応というか、トレイニーレベルの白人兄ちゃんがやったら不慣れ。遅くてぎこちない対応の白人さんにより部屋がアサインされ、最後に「デポジットの為にクレジットカードの提示をお願いします。」と。これ自体は不自然ではない。幾ら前払いでも幾ばくかの預かり金を抑えられるのは一般的な事なので、素直にクレカを手渡しましたと。

その後、クラブルーム特典の説明を受け、ルームキーを渡される。「では、良い一日を。」って。おい!!「では。」じゃねーよ。クレカ返せよ!!!本当危なっかしい。

で、だ。翌日チェックアウト時、支払いも発生せずに解放され、もちろん請求書なども受け取らずにホテルを後にした。問題はここから。
6月中旬にクレカ明細を確認したところ、AGODAからの請求に加えてちゃっかり○リオット香港まで請求してきてやがるのだ!!!!!!!

Luxury Hotels Int’l of HongkongによるHK$3,520の請求。4月末にはAGODAへ同額を完済しており、一泊で合計HK$7,040(≒11万円超)を請求された格好だ。因みに●リオットからの請求も請求日から1か月超が経過しており、既にしれーっと決済されている。こちら側からしたら不当な二重決済被害だ。東南アジア奥地の家族経営の民宿じゃない、全世界でチェーン展開なくせして、どんだけ管理が杜撰なんだ。

どうしてこうなったのか。
請求元がアゴダと●リオットの二か所なんだから、クレジットカード会社の問題ではないだろう。そして、今回はAGODA経由での予約なので、AGODAからの請求は正当。問題はしれーっと宿泊費を二重取りしてる●リオット香港だろう。早速、●リオット香港と●リオット本体のカスタマーサービスに異議を申し立てる。早急に調査し、電話で原因報告の説明を求むと。

半日後、●リオットから返信メールが届く。「問い合わせ受領。ちょっと待ってね」の自動メッセージだ。チッ。
その翌日、●リオット香港からメールが届く。以下、意訳。

「予約システムにテクニカルエラーが発生した可能性があることを発見。アゴダでの前払い予約ではアゴダがクレカ情報をホテルに送るのだが、貴方のケースの場合、貴方のクレカ情報が間違っていた為に二重請求になっちゃった。アゴダのシステムサポートチームには話してあるから、二度と同じ問題は発生しません。ついては、添付ファイルのリファンドレシートを確認あれ。すまんね。次回お泊りになる際にはハーバービューにアップグレードしますよ。また近いうちにお目にかかれることを楽しみにしてます。良いサービスをお届けできる自信があります。」

感じたこと。
・えっ、なんかアゴダに責任転嫁してる?本当にアゴダの責任なの?怪しい。
・エラーが発生したという断言でなく、発生したかもしれない(there may have been)といういい加減さなのにAgodaをディすってる?
・香港の高級ホテルって●リオット以外にも星の数ほどあるんだが、この問題の後にまた●リオットを選択すると思っているの?
・Sorry for inconveniences causedって便利な言い回しだよな。日本語で言う「誠に遺憾である」的な。
・事務的に終わらせようとしてる感が強すぎる。

とにかく、ホテル側はあれこれ苦しい弁明をして返金手続きもすると言っているが、どうも腑に落ちないというか釈然としない。アゴダはかれこれ40回も50回も利用してきてるのに、アゴダのミスに起因する二重請求なんて発生したことがないのだ。もう少し戦ってみることに。

⇒アゴダに連絡。
●リオット香港から二重請求され、原因説明を求めたところ、貴社(アゴダ)のミスに起因しているとの弁明を受けている。本当にそうなのか、貴社に於かれても事実確認をして頂きたい。もし貴社サイドに問題があるならば、問題再発ふ未然に防ぐ為の然るべき対処を望む、と。

そしたらだよ。日本語で返答を受けた。
「弊社では、安全のためにPCIセキュリティスタンダードを遵守しておりますので、お客様のクレジットカード情報は一切保管しません。また、個人情報保護法の為にも、お客様の連絡先等はホテルへ一切連絡しておりません。」

え?????えぇえええぇえぇえ!!?何なの○リオット香港の説明は????????
ホテルと確認取れ次第、追報を入れて頂けるとのことで、現在AGODAさんからの連絡待ち。これに関しては進展が入り次第アップデートしようと思う。

⇒更新
AGODAさんから返信が来た。
我々は悪くないですよ。ホテルのシステムミスにより二重請求となりました。ホテル側にコンタクトとってみて下さい、と。客に仕事を丸投げすんなよ。
あぁもう堂々巡り。●リオットはシステムエラーシステムエラー、不運な事態だったって呪文のように繰り返すだけだし、客のサインも得てない請求を回すというミスに対して謝る姿勢も希薄。やっぱアメカスって糞だわ。

AGODA以外にも楽天トラベルや一休、Expedia、るるぶ、booking.comなど無数のホテル予約サイトを使ってきたが、今回のような二重支払い被害に遭ったのは初めてであり、基本的にはホテルと予約サイトのシステムが確立されていて問題はないのだと思う。だが、何かしらの原因で二重に請求されることは起こりえるので、きちんとクレジットカードの利用明細は確認すべし。自己防衛としては当たり前のことだけど、忙しいと意外と確認を怠ってしまうもの。貴方のもとにもしれーっと二重請求がいってるかもしれません。気を付けましょう。

【二重請求被害者を減らす為の注意喚起が当投稿の主目的で、事実に基づいた公益目的の情報発信です】

Related posts (関連記事):

香港のホテル価格高騰が止まらない!
早速ですが、高い!!香港のホテル代が高い!!来週末に1泊2日で冬季クレージーセール目当てで香港に繰り出してやろうと思ったのですが、ホテル代が高い! 算高い香港のホテルは以前からコンベンション・国...
【ステータスマッチ】ヒルトンまでもSPG難民救済企画
さてさて、マリオットによるSPG買収話が公表されてからHyattが電光石火でステータスマッチを仕掛けてきましたが、どうやら保守的なヒルトンも追随して宿泊実績の証明不要という、これまたガバガバ審査のステ...
【更新】2016年SPGのブランド制覇キャンペーン
さて、年も明け2016年。各ホテルの年度宿泊実績や飛行機の搭乗実績もゼロにリセットされましたね。 SPGのダッシュボードに記録されていた各ブランドごとの宿泊実績も… あちゃ~。やっぱりゼロ...
アコーホテルズが久々の大型プロモを開催~修行僧、最後の追い込みのチャンス~
いやー、待ってました! 会員プログラムの超絶改悪が予定されているアコーに久々の大型プロモ到来。 この手の連泊を対象にしたプロモを去年まで年に2回ほど定期的に開催してきたアコーだが、最近は一部の...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アコー好き より:

    すみません、間が空いてしまいましたが、補足です。
    この時は事前決済だったのですが、多分チャージできてなくて(ホテル側の問題であり、私の側には何も問題なしです。)、チェックアウト時にチャージしたようです。
    この場合は、もちろん事前決済時のレートになるはずですが、ここが違っていたのかもしれません。
    手続きはホテルにメールを一通送り、ホテルからメールを一通受け取っただけです。
    (何の問題もなく、あっさりと認め、謝罪がありました。)
    私のほうではクレジット会社とのやりとりは一切ありませんでした。
    ただ、残念なことに、コンペンセイション(これ日本語では何て言えばいいのでしょう?償いですかね。)
    は何一つありませんでした。こちらが気づかなければまず間違いなく取られ損になっていたのに、ただ簡単な謝罪が
    あっただけです。
    他の人の例では、いろいろ不運が重なると(工事中騒音やアサイン・ミスなど)、ちゃんとしたホテルでは宿泊料無料にしたり、ポイントをかなりくれたりするようですが。。。残念です。
    せめて、次回はスイートにアップするよとか言って欲しかったです。

    • ポンズ より:

      アコー好き様
      いやはや、痒い所に手が届くサービスがウリのメトロポールがそのような呆気ない対応に出るとは驚きです。ドライな対応のJWマリオット香港でも次回宿泊時のハーバービュールームへのアップグレードをオファーしてきましたので…。(←二度と泊まる気が無いから実質Noコンペンセーションと同じですがw)。
      コンペンセーションは声がデカく主張の激しい某国の方々やザ・ネゴシエーター的な交渉術に長ける方々じゃないと上手く引き出せないのですかね。小生もホテルでのコンペンセーションネタはJWマリオット香港以外には殆どありません。
      因みに…先日も某国の方々が朝食会場で血相を変えて騒ぎ立てており、結果として団体客全員の朝食券を獲得している現場を目の当たりにしました。某国の方々の無茶なクレームは無理を押し付け道理を引っ込ませてコンペンセーション(ゴネ得)を獲得する為の手段の一つなんでしょうね。