シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CX543雑記と中国人乗客による珍事件集


今回の日本出張中、シートギャランティーの強権を発動して帰路便CX543の予約を1日後ろの満席便にぶちこんでもらったのだが、フライト当日のチェックイン時にトラブル発生。ウェブオンラインが出来ないので何か異変があるのかとは思っていたが、空港でのチェックイン時に「予約番号に登録されている旅程が変更されておらず、発券できない。」といった旨の説明を受ける。何それ、知らんがな。変更されてないって、日程変更前の予約がノーショー扱いになちゃったとか?ノーショーキャンセル扱いだったら一大事だと思って焦るも、今日のフライトの座席は確保できていて、システム上の問題で発券ができないだけだという。でも、丸子会員ページ上の記録はきちんと本日の予約になってまっせ。恐らく日程変更に応じてくれたコールセンタースタッフの対応に何らかの不備があったのだろう。カウンターで独りぼっち、待ちに待たされる。今日は雨で靴が濡れたのでサクラさんラウンジの靴磨きサービスをお願いしたかったのに…。

ようやく発券されたのは搭乗開始時刻15分前。ジャンボとはいえ74Kのコンフィグを見たら合計359席の配置なのに、SECはまさかの360番代、座席は事前予約ができなかったので機体の後部になっている。はぁ、発券されたはいいが、ゲートは毎度お馴染みの最果て141だし途中で頼まれ物も買わないといけないので、靴磨きはおろかラウンジに行く時間もない。搭乗券と合わせてラウンジインビ貰うときに「でも、もうラウンジ寄る時間なんか無いですよね。」って皮肉を込めてグサっと言ってしまった。嫌な奴だなー、自分。嫌な奴だと分かっていながら言ってしまう青二才な自分。もっと大らかに、心に余裕を持たねばならん。

買い物を済ませ、猛ダッシュでゲートへと向かう。機材に乗り込むと、やはり超が付くほどのド満席で、空席一つとして無いようだ。春節期間中の大陸人襲来という季節の風物詩が日本のテレビでも盛んに報道されていたし、大陸客特需なんだろう、右も左もわーわーわーわーと中国人がお祭り騒ぎ。こんな日に限ってBOSEを忘れてきてしまったし、何だかついていない日である。機内食を平らげた後、通路を挟んだ隣席に座っていた大陸人が何やら乗継便の時間がヤバいということで離陸前に前方座席に移動したいと訴えている(≒脅している)が、空席無しとのことで却下され、相当ご立腹の様子。殺気を感じさせるほどに表情が険しく、貧乏ゆすりが半端無い。あぁ、これ着陸と同時にシートベルトを外してダッシュするフライング来るなーと思ってたら案の定。見事なフライングでCAから警告を受けていた。しかも、民族としての習性なのか、一人違反すると他の中国人まで挙って真似してしまうからCAは対応に四苦八苦。いろんなところでフライング起立する輩が続出。根本的に彼らの精神構造は理解し難いのだが、「赤信号、皆で渡れば怖くない」的な考えなのだろうか。結局、CAが出てきて宥められ強引に座らされる大陸人。隣の彼をチラ見すると、不満たらたら、血管プッツン、サイヤ人みたく怒りによって覚醒して髪の毛が逆立ちそうで怖い(超短髪だけどw)。そんな彼、シートベルトサインが消えると同時に前方にターボダッシュ全開で人並み掻き分けて前方に消えていったが、無事に乗継便に乗れましたかね。

うーん、なんかどうでもいいエントリーになってしまったので、最後に世を賑わす(悪い意味で)かの国の方々が飛行機で起こした珍事件でも羅列していくか。
2014年12月8日:海南島行き中国東方航空便で、着陸後に緊急脱出用シューターが作動。勝手にシューターを操作した男の供述=「早く降りたかった」
2014年12月11日:バンコク発南京行きのエアアジア便で、暴君カップルの女がCAに熱湯入りカップ麺をCAの顔面にぶちまけ、男は飛行機を爆破すると脅し自殺すると絶叫。通称ラーメンリターン事件。
2014年12月14日:杭州発成都行きの中国・厦門航空便で、離陸前のタクシング中に男が非常口を開けて機外へ身を乗り出した。男の供述=「空気を入れ替えたかった」

直近だけでこれだけパンチあるニュースが並ぶ、まさにネタの宝庫である。他にも座席で大便なんて話も聞いたことあるし、ブランケットや枕などを持ち帰ったり食べカスをまき散らしたり行為なんて序の口なんですね。もはやモラルの欠如という一言では片づけられない異常行為の数々。最近では小生も「中国人化してきた」という不名誉な指摘(冗談だと信じたい)を受けることがあるので、ちょっと笑いごとではないですが。

cen
出典元:cen

Related posts (関連記事):

キャセイ怒涛の6連続インボラ祭り
さて、今回はキャセイのマルコポーロスラブの話。去る8月、金丸子となったことで、クラブの掟通りセクターとマイル実績がまたもゼロへとリセットされた。JALやANAあたりでは一年間の修行で最上級ティアまで上...
CZ374 中国南方航空A321 ビジネスクラス ホーチミンシティ―広州
帰りももちろん南方航空。南方航空では珍しい直前のシップチェンジで、機材は往路のB737-800ではなくA321になりましたと。関西⇔広州や名古屋⇔広州でも飛んでるやつだ。まぁ同じナローボディー機で大差...
JAL 名古屋-バンコク線 ダブルFLY ON ポイントキャンペーンで行くタイ旅行
今年はJALのダイヤモンドステータスを獲得するとネットで公言してしまった為、JALのFOPキャンペーの収集に必死なポンズです。 JALの公式サイトに拠ると様々なキャンペーンが行われているようだが...
マレーシア航空 B737-800搭乗記 クアラルンプール-香港 MH0432
ギリギリまでマレーシア航空の本丸ラウンジの本気サービスを堪能し、最後の最後に香港行きの機体へと乗り込んでいく。 ここ1週間で3度目の馬航B737-800。 あっちゃー。搭乗してみる...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. キャセイディライト より:

    大陸人の行動は本当に困りもんですね。
    でも、CX空姐たちの大陸人への扱いは慣れたもので、いつも感心しています。
    以前にBBSでも紹介したことがあるけど、CXの空姐採用条件の一つに、「ウザい客」をうまくあしらえることが挙げられてます。
    CXの教育訓練の中にも、大陸人、インド人への接客対応訓練がきっとあるのではないかと予想してます。
    私は、大陸人は自分勝手だけど、基本的に悪意のない「粗野な田舎者」だと考え、諦めてます(笑)
    それに、大陸人様が大勢エコ搭乗してくれるからこそ、インボラ発生するわけですから、逆に感謝しないといけないかも(笑)

    • ポンズ より:

      キャセイディライト様
      流石の達観です(笑)。確かに彼ら、公共の場で傍若無人に振る舞ってどんなに周囲の人間に迷惑をかけようとも、基本的には悪気や悪意は一切無いんですよね。悪意の無い悪は余計にタチが悪いとも思えますが、真正面から話してどうにかなる相手じゃないですからね、「粗野な田舎者」はw。