シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地図にはない謎の寺院跡


さぁ続いては巨大な寝仏陀が横たわるワット・ロカヤスタ!!!と、今にもチャリを構成する全部品が壊れだしそうなおんぼろ自転車に跨り西を目指してペダルを漕いでいる道中、幾つかの無名寺院跡を発見した。いや、無名寺院というのは失礼に当たるかもしれない。無名ではなく、恐らく名前があるんだろうが、私が分からないだけだ。ただ、ガイドブックにもレンタサイクル屋で貰った地元の地図にも載っておらず、今でも名前が分からない。お分かりになられる方がいたらご教示頂ければ幸甚であります。

【謎の寺院跡その1】
DSC_1354
規模的には凄く小さいので、地図に載せるまでもないだろうというのが地図作成者側の判断であろうが…。確かに造りは非常に小さく、畳5~6畳分程の廃墟に5体の銅像が置かれているだけだ。こちらの銅像は、他の寺院で見る無残に破壊されたものとは違い、完璧に姿かたちを保っているが、ビルマ軍の猛攻から逃れたのだろうか。でも建屋は原型を留めない程に破壊されているしなぁ。アユタヤ陥落後にこちらに据え置かれたのかもしれないが、名前が分からないので如何せん調べようがない。

DSC_1355
中央に据え置かれた美しい座禅姿の仏像と、その前に立像と坐像がそれぞれ1対ずつ。タイの僧のように、それぞれが黄色い袈裟を着ている。

DSC_1358

DSC_1357
もの凄い切れ長な両の目で見られると、心の中を読み取られてしまいそうだ。

DSC_1356

【謎の寺院跡その2】
DSC_1362
もう一つ。こちらには仏塔1基に礼拝堂跡の姿が確認できる。普通こういった建物って中央の入り口がお偉い様用に大きくなっているものだが、こちらは中央の入り口が小さく左右の2つの入り口が大きいという造りになっている。

DSC_1363
礼拝堂跡の入り口からチラっ。

DSC_1364
こちらも当時は壁に沿って多数の仏像が並置されていたようだが、メインの仏像以外は胴体すら残されておらず、足からふくらはぎにかけての部分だけが座禅を組んだままの姿で放置されていて、物悲しさが漂っています。

DSC_1361

DSC_1360
仏舎利前の銅像。数百年もの間、こうやって座禅を組んでアユタヤの歴史を眺め見てきたのでしょう。

歴史書に拠ると、世界遺産都市アユタヤには最盛期で400もの寺院があったらしい。そりゃあ地図には載っていないような中小寺院跡があったって不思議ではない。言い換えれば、地図にあるだけがアユタヤの全部じゃないってことでもある。噛めば噛むほど味が出るガムではないが、旅れば旅るほどアユタヤの良さが発見できるのだろう。こりゃあチャリ旅のしがいがあるってものだ。


Related posts (関連記事):

アユタヤ随一の名刹 ワット・パナン・チューン
ワット・スワン・ダーラーラームの参拝を終え、いよいよチャオプラヤ川を渡ってワット・パナン・チューンへ。こちらの寺院はアユタヤが首都となる26年前となる1324年に建立されたそう。アユタヤの中洲にある寺...
アユタヤに残る日本人町跡
チャオプラヤー川によって海洋と結ばれたアユタヤは、16~17世紀、中国や近隣アジア諸国の他、東インド会社を展開したオランダやイギリス、フランス、ポルトガルなど世界中の40もの国々の商人が集まる国際都市...
ラオスの大地に建つ中国資本のカジノリゾート
切っ掛けは取引先の方の一言。先月、マカオのポルトガル料理屋で食事中、急にラオスのカジノの話を振られた。「国慶節のラオスはどうでしたか、ラオスにもカジノあるんですよね。」と。へー、そうなんですかー、ラオ...
インターコンチネンタル バンコク クラブルーム宿泊記/Intercontinental Bangkok
10年も前になるだろうか。学生時代にバンコクを訪れた際に、友人と待ち合わせをしたのがこのインターコンチネンタルだった。懐かしいなー。当時はホテルなんて雨風凌げる屋根さえありゃどこだって変わらんじゃんく...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする