シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の回転寿司パート②


以前の広州旅行中に行った万歳回転寿司。中山市にも支店があるので行ってみることに。


京華ホテル近くの利和広場4Fに入っています。


入口には以前には無かった五星紅旗が。


寿司職人だけでなく鉄板焼きマスターも配属されています。


『鉄のリブ。』食べるには鉄の歯に鉄の顎が必要。


『鉄ハンブルクボール』こちらはもはや食べ物とは思えません。


『あまりにボリューム』今度は固さではなく量で勝負。


『魚一泊分』魚一泊分が38元。かなりの大盤振る舞いです。


『トニー三昧』もはや食べ物ですらなくなってしまった。


『アカシアの恋人』


『熟練したコンク』コンクとはフランスで一番美しいとされる村らしい。


『腹の木炭側』『風が鮭の頭を焼く』何だかもう…

これだけの面白メニューを見せられて注文に迷った末
メインには『ノルウェーサーモンのカートリッジ』を注文。サーモンの下はシャリではなく氷です。生牡蠣とかは危険ですが、刺身は中国で食べても問題ありません。味もまぁ値段相応だが食べれないことはない。会計時にクーポンを頂いたので近日中にまたお世話になりそうだ。海鮮系もおススメのようなので、次は『なるように唐ヤンイカ』や『炭マルチスプリングの魚』『イカチューブを燃焼ジュース』でも頼んでみよう。奇想天外なメニュー名で文字だけ見ても料理のイメージが湧かないのでメニューが写真付きで本当に助かる!!

Related posts (関連記事):

世界遺産の街・江門~開平
本日は終日オフだったので、広東省江門市・開平市にブラリ日帰り旅行に出かけてきた。 今朝、今回の小旅行を思いついて、出発前に簡単に江門市に関して簡単な事前調査を行った。ちなみに江門市は「えもん」で...
中国の書店!!!~立ち読みならぬ座り読み~
『知は力なり』 昨日は本屋に立ち寄る機会がありました。中国の方はあまり本を読んでいるイメージが無いと思うのは私の偏見でしょうか。みんな新聞は読んでるみたいだけど… さて、本屋到着。入店しよ...
広州ウェスティンで点心食べ放題@紅棉
広州二日目、今日が正月休暇の最終日だ。朝方に散歩だけして後はチェックアウトまでホテルでまったりと休むことにした。ランチも引き籠ってホテル内でテキトーに済ます。魔性のヘブンリーベッドの魅力に憑りつかれて...
シェラトン中山(中山喜来登酒店)クラブフロア宿泊記
この日は孫文所縁の町・中山の市街地ど真ん中に建つシェラトン中山へ。中山って中国の都市にしては妙な名前だけど、香山(現中山)出身の孫文の号が中山だったことに肖り中山に改名されたんだと。今でも中山は中国に...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする