シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

権利と好意


普段は扱き下ろす事も多い中国の方々の公共スペースでの行動マナーやモラルだが、バスや地下鉄で若者が率先して年配の方々に席を譲る姿には感銘を受ける。勿論、若者の全員に全員が快く老齢者の為に席を譲るわけではないが、彼らが席を譲る姿はかなり頻繁に目撃する。

逆にけしからんのが高齢者の方々だ。席を譲られても仏頂面であたかも自分がVIPで席を譲られるのが当然といった面持でどっしりと着座、お礼さえしないケースが多い。若者の好意を自分が持つ当然の権利だと履き違えている。

何故こんな話をするのかと言うと、先週にこんな風景を見てしまったのだ。

一人の老人が不確かな足取りでバスに乗車。バス車内を見渡すも、誰にも席を譲ってもらえないという、彼にとってあってはならない想定外の事態が発生。するとその年配者は私が立っていた場所の斜め前の席に着席中の若者にロックオン。直ぐ近くに陣取り、露骨なまでに咳払いを繰り返し、若者に無言の圧力をかける。しかしその若者は視線を下に向け、老爺の存在に気付かぬふりをする。

すると…
若者が下に向けた視線に入ろうとしたのか、若者の席の前で屈伸運動をし始めた!!どうしても若者に自己の存在を気づかせて席を譲らせたかったのか、物凄い執念である。そんな老体に鞭打つ執念が功を奏したのか、仕方なく席を立つ若者、そしてドヤ顔で礼も言わずに席に着く老人。

若者の好意に感謝の気持ちが麻痺してしまったのか、中国の御老人達は席を譲られるのを当然の権利だと思っているのだろう。そう気づかされた一コマであった。

それにしても、屈伸運動できるくらいなら少しくらい立ってても大丈夫だろう!


この老婆の邪悪な顔を見よ!!

Related posts (関連記事):

世界遺産の街・江門~開平
本日は終日オフだったので、広東省江門市・開平市にブラリ日帰り旅行に出かけてきた。 今朝、今回の小旅行を思いついて、出発前に簡単に江門市に関して簡単な事前調査を行った。ちなみに江門市は「えもん」で...
郵便物の受け取り
中国では簡単な手続きとかも一々難しく(というか面倒くさく)なってしまう。 今回は不在郵便物の受け取りで思わぬ苦戦をする羽目に。 普通だったら、届けてもらう時間を指定して荷物を届けてもらう。...
珠海で見つけた小マカオとは…
農科奇観から戻る途中、888街駅や名街花園駅で途中下車するも、特筆すべきものがなかったので、香州総駅まで戻ってきました。香州総駅には中山市を始め中国主要都市までの長距離バスが出ている珠海香州バスターミ...
尖閣諸島波高し
本日もアメブロへのアクセスができないので、誰にも読まれないであろうが立ち上げたばかりのこちらのサイトに記事をアップします。 日本での報道も白熱化してきている尖閣諸島問題、こちらでは依然としてピリ...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする