シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベトナムで接触事故に巻き込まれた!


本日はまたも朝からローカルバスに乗って中華街(チョロン)に行くことに。ローカルバス乗車、屋台食挑戦と、確実に一歩一歩現地化への歩みを進めております。

前回同様、1番のバスでチョロンに向かいます。バスは小雨降りしきる中、快調に運転を続け…

突如として…ドスン!!後方から強烈な衝撃が見舞われる。直後、乗客がニャーニャーと騒ぎ立て、運転手は鼻息荒く凄い剣幕で何か怒声を上げながら外に飛び出していきました。確かにバスの運転手側に何らかの過失があったとは思えない。走行中、急に後ろからガツンとやられたので、運転手が血相を変えるのも無理は無い。


『貴様、ワイのバスに何やってくれてんねん!!!』目尻を吊り上げて抗議するバス運転手(手前、水色のシャツ)。

この時点で乗客は野次馬見学しに外に出ていったので私も加勢。

ニャーニャーニャー。


ニャーニャー


特に誰が仕切る訳でもなく、皆『まいったな~』みたいな感じになってる。3人寄っても4人寄っても文殊の知恵とはなりません。


『まいったな~』

この後の展開がどうなるのかと思いきや…


『まっ、いっか。じゃあ、俺、もう戻るよ?』
えええぇ!!?そんなんで終わり?連絡先の交換とかいらないの?物の2~3分話し合っただけであっさり協議終了。過失割合とかが決定されたとは思えないし、何よりさっきまで怒声上げて目を吊り上げてた怒りは何処へ消えたのか運転手よ!!その後何事も無かったかのようにバスに戻り運転を再開、チョロンに向かいました。

何か良くも悪くもあっさりしてるよな~ベトナム人。米軍を敗戦に追いやった粘り腰は鳴りを潜めてしまったのであろうか。まぁ面倒な惨事に巻き込まれずに良かったと言えば良かったのですが…

Related posts (関連記事):

ベトナムの国民食・フォーを本場のチェーン店で食してみる
ベトナムは南北に長いS字状の形をした緑豊かな国土を有す。特に北部では稲作がお盛んで、その恵まれた土壌から味の良い上質な米が豊富に生産される。この米文化を代表する食べ物の一つが日本人でも一度は耳にしたこ...
バイタクで赤ザオ族の住まう村落へ!
ホテルでアーリーチェックインを済ませた後は、休む暇も惜しんで街探索へと繰り出すことにした。 サパの町はこじんまりとしていて、30-40分もあればゆうに一周できてしまうほどの規模で、サパ市場を中心とした...
バック滝で体験できるエクストリーム・スポーツ(!?)
午前中に赤ザオ族の村の訪問を終え、午後は絶壁を流れ落ちるバック滝の観瀑台へと登⇒モン族・ザオ族の住むラオチャイ村・タヴァン村巡りという旅程を組んでみた。時間に余裕があれば少数民族の村々を結ぶ渓谷を自ら...
スタイリッシュなメリディアンサイゴン宿泊記
もうかれこれ7滞在しているメリディアンサイゴン。シェラトンサイゴンは規定によりSPGプラチナの力を持ってしてもタワールームにはアップグレードされないけど、ここメリディアンの上級会員レコグニションは凄ま...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする