シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のスーパーマーケットで見る中国広東省の物価感


今日は朝一で近くのスーパーに行ってきました。中山市にはジャスコを始め、カルフールやウォルマートも進出してきていますが、今日行ってきたのは華潤超市(別名Vanguard)という香港系のスーパーマーケットチェーン店です。超市はモロに英語の直訳で、超=Super 市=market、スーパーマーケットの意です。

IMG_0266
結構な規模で、生鮮品を含む食料品全般・衣類・寝具から簡単な家電製品まで、日常生活の上で必要となろう物は殆ど取り扱われており非常に便利。

中でも重宝するのがお惣菜コーナー。味的には更なる大改善が求められるレベルだが、自炊はおろか外食すら面倒な時には助かります。
IMG_5370
野菜類は種類が豊富。グラム単位の量り売りです。

蒸し物系。
IMG_5375
焼売に肉まんに粽など。このカテゴリーは全てに単価が設定されている個売り。肉まん2元~、粽5元~。

ひだり みぎ
ひだり みぎ
ひだり みぎ
IMG_5378
甘栗に鶏の姿焼き、各種ソーセージにチャーハン餃子と何でもござれ。寿司なんかもあります。お総菜やデザートコーナーだけで結構な面積をが占められていて、ブラブラするだけで楽しいです。

IMG_5367
お菓子も日本で目にするブランドが一通りズラリ。ポッキーだけで11種もある。参考までに、このコーナーでの主要日本ブランド品の中国語表記は以下の通り。

ポッキー=百奇
プリッツ=百力滋
オレオ=奥利奥
ポカリスエット=宝砿力水特
カルピス=卡爾必思

ひだり みぎ

IMG_0278
フルーツや野菜類も量り売り。好きなだけビニール袋に詰め込んで…

IMG_0279
称重処と書かれた秤コーナーにて重さを量り、重量分の値段が書かれたバーコードを袋に貼ってもらいます。ここでバーコードを張ってもらわないと、レジで商品を買う事ができないので要注意。

こちらはビール。
ひだり みぎ
中国ではbuy one get one free的なプロモよりも、何かのオマケをくっつけてくる販促活動が主流のようだ。この海珠ビールには有難いことにピーナッツが、ハイネケンにはグラスがおまけとしてついてくる。

IMG_0267
20元以上の歯磨き粉を購入した場合にはもれなくお椀がついてきます。
因みにこの歯磨き粉…

IMG_6147
名前を黒人歯磨き粉(英語名=DARLIE)と言う。

無題
以前はこんな風刺画的なロゴが起用され、名前も黒人差別用語であるdarkieであったことから物議を醸しました。

IMG_1886
そして当然ながら黒人人権保護団体からの激しい横槍が入り、顔がちょっとマイルドになった上で製品名称も変更された。てかアフリカ系の方々の歯って肌が黒い為に相対的に白く見えだけで、実際にはそんなに白くないのではないか。

さて、ここからは現地物価の参考までに、本日の購入品を価格と合わせてご紹介。
IMG_5386
海鮮かき揚=4.2元・ガーリックパン=3元・ピザ=28元

IMG_5388
ソーセージ=21元・ミルクティー=3.5元・オレンジジュース2.5元・ポテチ=7.8元・ポテチの左のお菓子=3元。

ひだり みぎ
偽カゴメジュース930ml=8.2元、トマトアップルジュース1800ml+ビタミンジュース=14元、ハニー梨=5.6元。

ひだり みぎ
冷凍食品の腸粉=12元に羽根つき餃子=6.5元。

ひだり みぎ
アイス6本パック=12元にシャワーの排水溝詰り除去液=55元。

これに袋代1元を加え、計187.3元。(≒2,300円)。皆様が抱く中国の物価と比較して如何でしょうか?

今日は後はピザと餃子食って昼寝かましてからシャワーの排水溝掃除をする予定。今週末は久しぶりにゆっくりして、来週末からはまたどっか近隣都市に出かけたいと思います。

Related posts (関連記事):

中国での定期健康検査
今年もやってきました。年に一回の定期健康診断。身長・体重など基本的な身体測定から血液検査やレントゲン検査などコアな検査検診まで半日かけて大々的に検査してきました。中国に来てからというものの暴飲暴食を繰...
中山市孫文記念公園
中山市は孫中山(=孫文)縁の地だけあって、孫中山記念堂しかり、孫中山故居しかり、中山市には多くの孫文像が建てられています。中にはまるっきし孫文に似ても似つかない様な外観の駄作も含まれますが、こと、孫文...
広州文化公園に見た阿Q像
朝起きて珠江沿いを散歩していると、右手に大規模な公園が現れた。名を「広州文化公園」と言い、「文明的市民になろう。文明都市を築こう」と市民に呼びかけている。 中国人の朝は早く、園内で...
日露戦争の最激戦区となった二〇三高地
永遠と待っても路線バスが来なかったので、痺れを切らしてタクシーにて203高地の麓までやってきた。 一般車両で乗り入れできるのはどうやらここまでのようで、ここからは山の麓にある旅行会社の専用車...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ふんどし より:

    ポンズさん、お返事ありがとうございます!
    しかも私のブログにまでコメントいただきありがとうございます、うれしいです〜(^o^)
    実はあの後もう少しがんばって探しまして、なんとかそれらしきものを見つけて無事に解決したんです!うっかりニオイを嗅いでしまったのですが、昔、塩酸を直接嗅いで鼻血を出したことを思い出すほどの刺激臭でした。。中国のものって強いですよね!!骨まで溶かすとは恐ろしや!!松任谷由実か!(わからなかったらごめんなさい)
    本当、中国は面白い街だと思います(^-^)気を付けながら楽しく過ごしましょう♪

    • admin より:

      無事解決されたとのこと、喜ばしい限りです。見るからに怪しい化学薬品だったので、こちらもマスクに手袋、液体飛散避けの白衣怪しい化学者ばりの井出達で対応しましたが、それでも敢え無く詰まり物を溶解した際に発生した煙に目をやられ、夜空もむせ返る激しい刺激臭に鼻を劈かれました!頑固な詰まりが一瞬で溶けるんだから大したもんですが、本当、流石、加減知らずの中国ですよね!臭いを嗅いだことによる副作用が来なければ良いですが…お互い、健康第一で頑張りましょう^^