シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スカルノハッタ空港


今回のインドネシア出張も無事任務終了。スカルノハッタ空港から香港⇒中山への帰路につきました。

相変わらず妖しく重々しい雰囲気の空港である。
IMG_7648
もう少し明るくするだけで印象も変わるとおもうのだが…

これはチェックインカウンター近辺に数台設置されている自動の荷物ラッピング機。
IMG_7646
サランラップのような薄~いフィルムをぐるぐるとラップして、スーツケースのキズ・汚れと盗難を防止します。RP 35,000(≒350円)。家に帰っての後処理に困りそう。

搭乗ゲート側のフロアも何だか陰気くさい。
ひだり みぎ
カート移動の曲芸を披露中。バランスを取るのが難しいらしく、何度か壁に衝突してました。

免税店も民芸品工芸品を扱う妖しげな店舗が多い。
ひだり みぎ
ひだり みぎ
民芸品を見て回った後はラウンジへ移動。

IMG_7657
フライトチェックイン時に貰ったラウンジインビテーションは JAS Premier LoungeかPura Indah Loungeの2箇所で使用可。前回はPremier Loungeに入ったので今回はPura Indah Loungeへ。

入室するも…
IMG_7661
空席無し。

ひだり みぎ
食事も全て召し上げられていて、ドリンク用のグラスも無い。

座る席すら無いので退室しようとすると、幸運なことにファーストクラスラウンジに通してもらえた。
IMG_7671
こっちは狭いながらもガラガラでした。

ホットミール
ひだり みぎ
餡子を包んだ粽、他にもビーフン・春巻き・肉まんと中華料理さながらというか中華料理そのものの軽食メニューがズラリ。

IMG_7677
ビールはビンタンとアンカー。結局飲みませんでしたが。

IMG_7678
トイレにはシャワーも完備されていました。ビジネスクラスのラウンジももうちょっと空いていれば次からもPura Indah Loungeを使うのだが…

Related posts (関連記事):

香港⇒ジャカルタのキャセイ便でインボラ
さて、ぼちぼち時間になったので搭乗口へ。係員にチケットを手渡すと、『We'll bump you up to biz class if it's ok for you (貴殿さえ宜しければビジネスクラ...
インドネシアの到着ビザが値上
やられた。当方の確認不足が原因だが、今までUS$25だったインドネシアのアライバルビザがいつの間にかシレッとUS$35に値上されていた。 深夜着のキャセイ便を下りるとアライバルビザの窓口に長蛇の...
本家本元の王家が住まうカスナナン王宮
ローヤルホテルMギャラリーで荷物を預け、一番に向かった先はマタラム王朝の嫡流にあたるススフナン王家のカスナナン王宮。1745年、マタラム王国直系のパクブウォノ2世が王位継承戦争の戦乱で荒廃したカルタス...
ダナル・ハディ・バティック博物館
芸術の都ソロはジャワの4大バティック産地の一つで、町中至る所でバティック工房を目にすることができる。バティックとはインドネシアの伝統的な染色工芸で、ロウで生地を防染して染色するろうけつ染めの布地のこと...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >hiro190さん
    別のラウンジに移動するのでラウンジ招待券を返してもらえないかフロントに聞いたところ、喜んでファーストクラスラウンジに通して貰えました。次回もこの方法でファーストクラスのラウンジを使えるか試してみます(笑)