シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベストウェスタンマンガドゥア


今回の宿泊先はベストウェスタンホテル。ホーチミンや中国各都市と比べてホテル代が若干高い大都市ジャカルタのにあっても一泊5,000円程度と格安のホテルです。
ひだり みぎ
マンガドゥアの凸凹道をAVISの白タクで進んでいき、見えてきました。前回宿泊したLe Grandeurホテル から車で1分のところにあります。深夜にも関わらず多くの光りが灯っていて驚き。

広々としたロビー。清掃は行き届いていますが、蚊が多い!!
IMG_6676
フロントにはソフトバンクの内川選手似のホテルマンが一人。インドネシアには日本人ルックな人からアフリカ系のような褐色の肌の人までいて人種的には本当に幅広い。古くから海外との交易で栄え、多様な言語や文化、宗教が形成されてきたインドネシア。特にジャカルタはオランダ植民地時代から統治の中心として繁栄したため、現在の住民はインドネシア各地からの移住者によって構成され、且つ、植民地時代のヨーロッパ人、中国人、アラビア人、インド人など移住者の血を引く者も少なくない。人種の坩堝と言っても差支え無いだろう。

ひだり みぎ
33階建てのホテル兼サービスアパートメント。今回は32階の隅っこの部屋となりました。まるでプラネタリウムのような部屋だ。

ひだり みぎ
00:00時を回っているのにこの明かり。週末だしラマダンで日中は飲食が禁止されているから皆さま生活のリズムが昼夜逆転しているのだろうか。

ひだり みぎ
バスタブは東南アジアのホテルでは珍しく、深く広い。テレビはSAMSUNG製。残念ながら薄型テレビはサムスンの一人勝ち、専売特許状態だ。やはり悔しい。

IMG_6683
コーランが引出しに入っていました。ペラペラっとめくってみても勿論内容は分からないのですが、一個驚いたのは旧約聖書や新約聖書みたいな物語形式じゃなくて断片的な文章が抜粋されているだけのものなんですね。なので本自体もこんなに薄っぺらい。システム手帳程の大きさで手のひらサイズ。

ここでブログ更新しようとしたら問題が。Wifiの電波が無いしネットケーブルも無いようだ。一階に下りて内川選手に問い合わせる。
私『インターネットケーブル貸してもらえますか?部屋にwifi電波がありません。』
内川『Just a moment, please (少々お待ちください)』と言ってケーブルを探す。
内川『We are sorry but all the cables are broken(申し訳ありませんがケーブル全部壊れてしまってます。』
私『You’ve got a bunch of them in there! Are they really all broken? Can I take one of it n try it out? (中に沢山あるじゃん!本当に全部壊れてるんですか?その内の一個を部屋に持っていって試してもいいですか?』
引出しには少なくとも5~6個のケーブルが見えました。
内川『You dont have to. they are really all broken (その必要はありません。全部壊れているので)』
私『Then could i move to a room with wifi signal because the internet access is included in the room charge that I paid for (それならばwifiの使える部屋に移してもらえないでしょうか?ネット接続料込みのルーム価格をお支払していますので。』
内川『I’m afraid all the rooms are fully booked out already, please use the wifi signal in this lobby for now please (申し訳御座いませんが全客室全て予約されてしまっています。ロビーでネット繋がるので、取り敢えずはここでネット使って下さい。』

しょうがないので昨晩はロビーでブログ更新。蚊が多かったです。

そして夜が明け、朝食を取る前にロビー横を通ったら内川の代わりに綺麗なお姉さんがフロントに立っていた。内川選手退勤!!そこでもう一度ケーブルを貸してくれないか頼んでみると、一言返事で『Sure! (もちろん!)』と返ってきました。問題無く使用できます。内川の野郎~~。せっかく親近感湧く顔だったのに!!

IMG_6704
朝食は1階のカフェで。32階から下りてくるのに5分くらいかかりました。メニューは意外と抱負で、客層はインドネシア人と白人、華僑が多い印象。

ひだり みぎ
Kwetiaw Goreng(何それ?)・Ayam Goreng Lengkuas(何それ?)

ひだり みぎ
Semur Daging(何それ?)・Nasi Goreng Ikan Asin(何それ?) Gorengって単語をよく見るが、炒めるとかって意味なのだろうか。

ひだり みぎ
Kacang Rebus・Braised Pokcoy

他にもソーセージや卵料理、サラダ、フルーツからデザートまで一通りは揃っていました。
さて、食べて部屋に戻ってブログ書いたところで陽も出てきたのでボチボチ始動します!先ずはオランダ統治時代の面影が残るといわれるコタ地区へ。ここから徒歩20分くらいかな。

TKY201112020164
昨夜のフロント係に激似のソフトバンク・内川選手。ベストウェスタンホテルでこの顔にピンときたら要注意です。*お借りした画像です。


Related posts (関連記事):

インドネシア銀行博物館
インドネシア銀行博物館(インドネシア中央銀行博物館) 入館料:無料 開館時間:07:30~15:30(火~金)/ 08:00~16:00(土・日) 月曜・祝日休館 銀行の博物館なんてつまらん...
高原の避暑地・ボゴールの巨大植物園
オランダ統治時代に栄えたという高原の避暑地ボゴールにある唯一といっていいほどの見所がボゴール植物園。東洋最大規模・最大栽植種を誇る巨大植物園だ。ボゴールという街自体がオランダ人居留地として発展した歴史...
インドネシアの近現代史を知る@フレデブルク要塞博物館
ソノブドヨ博物館からマリオボロ通りに北上すると、フレデブルク要塞博物館が見えてきた。オランダ軍による要塞跡を利用したインドネシアの近代歴史博物館である。 独立運動を主導した五虎将の像が目印。...
ジャワ原人の故郷サンギランで人間の歴史を学ぶ
チュト寺院から3時間以上走ってやっと辿りついたサンギラン博物館。今回はチュト寺院からバイクで移動したので時間がかかったが、ソロからだと北に20Km、タクシーで30分程の距離にある。ガイドブックでは「と...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >masahiro020さん
    詳しいご説明有難うございます^^流石現地の食文化に通じられてますね^^インドネシア料理を食べたいけれど、ネシアの屋台は私には旅人レベルが高すぎるので、ホテルで味わえて貴重な体験ができました。
    ●クレオゴレン:ああ!味付けが若干違いましたが言われてみれば確かに中国の米粉ですね!自炊できるとか素晴らしすぎますよwww
    ●アヤム・ゴレン・レンクァス:結構濃い~味付けで酒のつまみには最適そうですよね!ただ朝7時前の食べ物としては…(苦笑)
    ●セムール・ダギン:カレービーフシチューのような、見た目よりはまろやかで、白米持って来い!!って感じの味でしたよ(笑)
    ●ナシ・ゴレン・イカン・アシン:ちょっと醤油を垂らした中華炒飯もいいですが、薄味でシツコクないテイストで、これも日本人受けしそうな味ですよね!
    来月の為に今から胃のウォーミングアップをしなければですね!