シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マカオ観光地巡り


マカオ観光旅行1日目終了。天候的には湿気が高くジメジメとして不快でしたが、無事、計画通りに初日の観光地回りを終えてきました。歩き過ぎで足がパンパン!!腕と首裏が日焼けでヒリヒリ!!寝不足でウトウト。満身創痍で明日も一日頑張ります。

*各地の詳細情報は明日以降追って更新していきたいと思います。

●戦利品
IMG_1582
各博物館から持ち帰ったパンフレットの一部。読み物が大量過ぎてこれからの復習作業に胸が躍ります;;これだけ狭い国土に独特の濃い~文化と歴史がぎっしり詰まっているマカオは本当に興味深い。

●今日の旅程

拱北イミグレ⇒徒歩移動
モンハの砦⇒徒歩移動
林則徐博物館⇒バス9番で移動
リスボアホテル(チェックイン)⇒バス9番で移動
お茶博物館⇒徒歩移動
孫中山記念館⇒徒歩移動
松山ロープウェイ⇒徒歩移動
ギアの灯台⇒バス12番で移動
フィッシャーマンズワーフ⇒リスボアホテルのシャトルバスで移動
リスボア⇒徒歩で移動
セナド広場周辺(聖ポール天主堂跡・モンテの砦)

こっちの路線バスは日本と違って一律料金なので分かりやすくて助かります。料金はマカオ半島内のみを移動してるバスだとMOP3.2(≒30円ちょい)、マカオ半島⇔タイパ島を往来しているバスはMOP4.2(40円ちょい)と、いずれも非常に安価。レート的にはMOPでの支払いが一番お得だが、香港ドル・人民元でも支払い可能。現地の皆さんはSuicaのようなICカードを使ってました。

マカオのバス
IMG_1238
日本のマイクロバスみたいな感じでちょっと小さい。

全バス冷房完備のようなので、中国みたくエアコン無しのバスが来ちゃった時に失望するようなことはありません。

↓はリスボアホテルの横でスタンバッテる人力車の運ちゃん達。道行く人道行く人に自分を売り込んでます。

タクシーでワンメーター(MOP13)でいけるところが人力車だとMOP100と言われました…

明日の予定:
リスボア⇒バス28番で移動
タイパ村探索⇒徒歩移動
タイパ住宅式博物館⇒徒歩移動
タイパ歴史館⇒バス11番で移動
媽閣廟⇒徒歩移動
鄭家大屋⇒徒歩移動
海事博物館⇒バス11番で移動
質屋博物館⇒徒歩移動
セナド広場⇒徒歩移動
慈堂博物館⇒徒歩移動
聖ポール天主堂跡(博物館)⇒徒歩移動
消防博物館⇒徒歩移動
マカオ博物館⇒徒歩移動
モンテの砦⇒徒歩移動
マカオタワーバス9A番で移動
拱北イミグレ⇒長距離バスで戻り

明日もきっつきつのタイトなスケジュール。自分で予定組んどいて言うのもなんだが、移動が徒歩ばっかり。そして仕事帰りに直行だったので足の装備はローファーという準備の悪さ!まあ来週の仕事に支障を来さない程度に気張ってきます。


Related posts (関連記事):

珠海⇒マカオ⇒ベネチアン
マカオのベネチアンは言わずと知れた超巨大リゾート施設である。敷地面積は約30 万㎡で、その中にカジノ、ショッピングモール、コンサートホール、全スイートルームの宿泊施設などが入っている。 ...
お茶文化館・孫中山記念館
ホテルのチェックインを済ませ、リスボアホテルから9番の路線バスでお茶文化館・孫中山記念館に向かいます。 孫中山とは辛亥革命のリーダーで、中国革命の父と呼ばれる孫文さんのことです。中華圏では孫中山...
マカオ海事博物館
マカオは歴史的に見て海事が非常に重要な役割を果たしてきた。海事博物館では歴史的な物品レプリカやジオラマを多く用い、海事事情を切り口にマカオ史を時系列で紹介しています。 ●海事博物館 ・開放時間...
巨大カジノリゾートが立ち並ぶマカオのコタイを歩く
せっかくコタイのシェラトンマカオに来ているので、ホテル周辺の巨大リゾートホテル巡りでもしてみることに。 今でこそ大規模な超高級カジノリゾートが立ち並ぶコタイだが、ここは元々はタイパ島とコロアン島...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする