シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リスボア~セナド広場


マカオ旅行の初日も11:00過ぎ。まだまだ休む訳にはいかないので散歩にでかけてきました。

リスボアホテル周辺では非常に煌びやかな夜景を満喫できる。眠らない街とはまさにこのことと実感します。

グランドリスボア。
東南アジア・中国の生活/旅行日記-grand lisboa
SF映画に出てくるような高層建造物。マカオの国花である蓮をイメージしてのデザインらしい。今にも鎌を装備した死神が出てきそうです。

東南アジア・中国の生活/旅行日記-grand lisboa 2
東南アジア・中国の生活/旅行日記-grand lisboa 3
『葡京!!』葡国の京、名前はまさにポルトガルの首都リスボンに由来しています。これでもかというド派手さで成金たちを吸い込んでいきます。

東南アジア・中国の生活/旅行日記-china bank
こちらも成金の巣窟であろう中国銀行の自社ビル。建設にあたっての設計は風水を頼りにし、掌で『No!!!』と突き付けているイメージだそうです。カジノやら資本主義やらの悪い「気」に『No!』です。

セナド広場へと繋がる通りには
東南アジア・中国の生活/旅行日記-macau
『押』と書かれた看板が沢山掲げられています。これは指圧マッサージではなく、質屋なんです!ギャンブルに負けた人間は質屋へ走り、貴金属を担保に得た金を元手にカジノに戻っていきます。節度を保てない人間は賭博場にカモにされてしまいます。

東南アジア・中国の生活/旅行日記-macau night
セナド広場に到着。リスボアホテルから徒歩5分程度。夜の11時過ぎでも多くの人がいることに吃驚。
東南アジア・中国の生活/旅行日記-macau night 7
中央に見えるのは教皇境界線が引かれた地球儀。大航海時代の象徴です。奥がマカオの目抜き通りになります。

東南アジア・中国の生活/旅行日記-macau night 8
聖ドミニコ教会も上品に輝いています。ここら一帯はキリスト教に因んだ教会・博物館が多くあります。

東南アジア・中国の生活/旅行日記-macau night 9
目抜き通りを進んでいくと聖ポール天主堂跡に当たります。

1582年から1602年の間にイエズス会士によって建てられた天主堂。3度の火災被や台風被害を経て、現在ではファサードのみがその姿を残しています。地下の展示博物館には納骨堂も残されています。

東南アジア・中国の生活/旅行日記-macau night 7
天主堂横の小山を登るとモンテの砦に行きつきます。1622年にオランダ軍が陸地まで攻め入ってきたさいに、この砦の砲台からの一撃でオランダ軍を退却に追い込みました。山の頂にはマカオ博物館もありますが、流石にこの時間は閉館していました。
東南アジア・中国の生活/旅行日記-macau night 11
小山の中腹からのグランドリスボアと中国銀行ビル。悪い『気』を感じてなりません。

Related posts (関連記事):

マカオの観光地リスト
マカオは決してカジノだけではないんです。古くから外国との交易業が栄え、1999年まではポルトガルの植民地であったマカオでは中華文化と西洋文化が長きに渡り混じり合い、観光地としての見どころもたっぷりな文...
お茶文化館・孫中山記念館
ホテルのチェックインを済ませ、リスボアホテルから9番の路線バスでお茶文化館・孫中山記念館に向かいます。 孫中山とは辛亥革命のリーダーで、中国革命の父と呼ばれる孫文さんのことです。中華圏では孫中山...
フィッシャーマンズワーフ
オフィシャルサイトによると、フィッシャーマンズワーフは世界各地の観光地をモチーフにしたテーマパーク兼、商業施設らしい。11万平方メートル超の敷地が『中国区』『West meets East区』『港町区...
マカオ博物館
モンテの砦の頂きに位置するマカオ博物館ではマカオの歴史や文化が幅広い観点から紹介されています。 澳門博物館 住所: 澳门博物館前地112號 電話: 853 ...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする