シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国のパクリ製品事情~まさかのSAMSING~


今日も出張。深センにある某工業園区内の大衆食堂でのランチとなってしまいました。店内入るとすっごい騒々しい雰囲気で、テレビも大音量で何やら放映しています。

『うるせ~な~』とテレビに一瞥くれてやると…
IMG_1647
SAMSING!!!!!!

SAMSUNGのパクリでSAMSING。Samさんがsingするわけではないでしょう。

以前まではSONYをパクッたSQNYや、PANASONICをもじったPANASANIC、SHARPのSHARKなど、パクリの対象は日系メーカーだったはずだ。SONYに毛を一本足したSQNYなど、『どう読むんだ?スキュニー?』との疑問は置いておいて中々秀逸なネーミングセンスだと密かに思っているのは私だけであろうか。

それが昨今の韓国勢の躍進を受けて韓国メーカーのパクリも流通しだしたとは…姑息な銭稼ぎをする悪知恵が働く機を見るに敏な中国商人。あっぱれです。

でも中国のパクリ製造業社に『日系よりSAMSUNGをパクッた方が市場の食いつきが良い!』と思われるのも癪に障るな。パクられたらパクられたで嫌だが。

Related posts (関連記事):

深センで世界一周!
≪深セン人の一日≫を見て回った後は地下鉄に20分程乗り、世界の窓駅へ。 ●世界の窓とは? ・東武ワールドスクエアの中国版で、世界中から選りすぐられた有名建築物のミニアチュア版が目白押しとな...
ホリデイイン エクスプレス 羅湖深セン 価格重視のIHG修行用ホテル
今回の深セン出張の宿泊先はホリデイイン エクスプレス羅湖深センホテル(Holiday Inn Express Shenzhen Luohu Hotel)。最寄り駅は老街駅・紅嶺駅・大劇院駅になるが、い...
シェラトンウルムチ クラブフロア宿泊記
ハミからトルファン経由でウルムチまで鉄道で移動した前回エントリーからの流れで、新疆時間03:30にシェラトンウルムチに到着した。場末感満載のB級ホテルしかないような辺鄙な田舎町を巡り歩いた末に辿り着く...
朝の回民街と回民のメッカ・清真大寺
さあて、昨晩は夜に西安に着き晩餐を楽しんだだけで終わったので、この日が実質的に西安観光の初日となる。どこで何をするべしか…。見所満載の西安で行きたい所は腐る程あるのだが、ここやはり焦らず慌てずじっくり...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする