シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の書店!!!~立ち読みならぬ座り読み~


『知は力なり』

昨日は本屋に立ち寄る機会がありました。中国の方はあまり本を読んでいるイメージが無いと思うのは私の偏見でしょうか。みんな新聞は読んでるみたいだけど…

さて、本屋到着。入店しようとすると、先ず鞄を入口手前にあるロッカーに預けるように命ぜられる。万引き防止であろうが、店内には堂々と肩鞄を下げている客もいた。基準がよう分からん。私の身形が怪しかったのか??

いざ入店してみると、日本の本屋とさほど違いはありません。本棚がならび、レジがある。ごく一般のシンプルな店内レイアウトです。

本屋の中央に面陳されているのは
IMG_1847
心理学・心理テスト系統の本ばかり。やたらとFBIが祭り奉られています。

書籍類の値段は日本に比べると格段に安く、このFBIの本も38元(約500円)。質の悪い再生紙を使っている本になると、新冊でもCD付きで10元代からあったりします。それでいて普通の白紙のメモ帳が10元くらいしてしまう謎。中国は分からないことだらけです。

店内地図を確認して、歴史コーナーに足を運んでみると…
IMG_1846
!!!!!

なんじゃこりゃ!立ち読みならぬ、座り読み!!堂々と地べたに腰を下ろして読書に勤しむ客が、歴史コーナーのスペースを埋め尽くしています!みな、興味のある本数冊を横に置いて、黙々と読書に励んでいます。長く居座る気です数冊を書店内で読破する気です!!!!買う気は更々ありません!!

IMG_2167

ひだり みぎ
他の列も然り…堂々と道を塞ぐ座り読みヤング軍団達。

本棚の周りは座り読みする人で賑わっておりましたが、レジの周りは閑古鳥が鳴く状態…

こんなの本屋の商売あがったりじゃないかと思うも、本屋が座り読み客を注意する気配はありません。御咎め無しです。万引き防止はしてるくせに何だよ。店内で全部読まれて買われないんだったら売上機会損失という観点からは万引きと一緒じゃないのか。この国のエチケットやらルールやら文化は本当に解せないことが多い。著作者の利益保護なんてありません。そして、皮肉にもこの本屋の名前が文化書店というのも何だか笑えてくる。

イートインスペースでも設けて座り読み客に消費でもさせれば良いのだが、そういったこともされていない。お金が落ちる仕組みになっていない中国の書店は一体全体どこで利益を出しているのでしょうか。この書店も国営企業で、利益度外視で運営されてるとか?じゃあ図書館にしろって話だし。分からない。この国の謎は深まるばかりです。

Related posts (関連記事):

深センの地味観光スポット『深セン人の一日』
日帰り深セン旅行から無事に生還しました。暑かった… 前回、中山から羅湖に辿り着いたところで話が終わってしまっていたので、5月20日の深セン探索体験に関しての情報を更新したいと思います。 ●...
深センで世界一周!
≪深セン人の一日≫を見て回った後は地下鉄に20分程乗り、世界の窓駅へ。 ●世界の窓とは? ・東武ワールドスクエアの中国版で、世界中から選りすぐられた有名建築物のミニアチュア版が目白押しとな...
中国国内便、衝撃の定刻発着率
来週、日本からの出張者と合流しての上海・大連出張になってしまいそうな為、航空券を探している。私が中国の国内線を予約する際に最重要視しているのは『定刻発着率』である。日本では定刻通りの出発が当たり前だが...
シェラトン東莞ホテル宿泊記/Sheraton Dongguan Hotel
今年も飲み会の季節がやってきた。今週は飲み飲み飲みと酒の席が続いており、今日もアウェーの地・東莞で忘年会に参加するためにシェラトン東莞ホテルに宿泊することに。既に肝臓が悲鳴を上げているが、追い打ちをか...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >在中国福建省福清市住☆yuni kanitai-taichoさん
    日本人的感覚だと当然そうなりますよね^^まあ『郷に入れば郷に従え』ってことで、今度は中日電子辞書を持参の上で熟読しに行こうと思います!面の皮がこっちにきて3cm程厚くなった気がするな~(笑)