シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

深セン探索へ ローカルバスで移動


昨晩はグッスリ9時間も眠れてすっかり体力の回復が図れたので、今日は予定通り深セン探索に出かけることにした。去年一年間は仕事に忙殺されて個人的な時間を全く過ごせなかったので、今年は時間と体力が許す限りアクティブに活動すると心に誓っているのだ。

さて、今日の目的地である深センに関しては今さら私が説明するまでもないかとは思うが、先ずは簡単に基本情報をご紹介。

●概要
・香港と国境を接する中国屈指の大都会であり、その人口は日本の総人口の1/10以上にあたる 1,400万人とも1,500万人とも言われている。

・鄧小平が門戸開放政策へと舵を切り、同市を中国初の経済特区に指定したことから、中国各地 から労働者が集約され、『世界の工場』として近年目覚ましい発展を遂げてきた。

・経済の発展に伴い、一人当たりの平均GDPが1万ドルを超えるなど購買力も格段に上がってきており、今後は輸出主導の経済発展ではなく、内需拡大による発展へのシフトが見込まれている。

まあ平たく言えば凄いスピードで発展した大都市、金持ち都市ですよということである。

暫くベトナムやらインドネシアやらへの出張が続いていたので、今日は大都市で羽を伸ばしてやる!と鼻息荒く雨のなか汽車駅に向かい、朝7時のバスに意気揚々と乗り込む。ちなみに中国語では中距離バスのことを汽車と言い、電車には火車と言う何とも縁起の悪い単語がついている。

IMG_0889
バスの中の様子。朝早いのに皆元気。乗車すると私の席におっさんが大股広げてどっしりと座っていたので私のチケットを見せて指摘すると、『他に空いているところに行ってくれ』と悪びれる様子も無く当たり前のように言ってきた。中国ではバスでもフェリーでも皆好き勝手に席を陣取るのが文化。指定席など意味をなしません。出発前にバス会社の人が乗客数を数えるだけで、席決めはどうでも良い。香港からのフェリーで外国人が困惑する姿は良く見かけます。

さて、出発するなり乗客たちが運転手に向かって『やれ窓を開けろ(高速を走る中距離バスの窓は空きません)』やら『やれクーラーを強くしろ』やら吠えだして煩い!遠足かよ!!!移動中はパソコンでの仕事or読書が基本の私は文庫本を取り出すも、集中できないので、仮眠を取ることにした。

暫くしてサービスエリアで途中休憩が入り、皆さま雨の中、わさわさと外に出て行った。中国のSAでは地域特産物の屋台が出ているところが多いのだが、このSAでは豆腐料理やら粽やらが販売されていた。

IMG_0893
(雨滴で見えずらく申し訳ないが、豆腐花の屋台である)

外が雨なので、皆、食べ物をお持ち帰りしてきて、バスの中は異臭で地獄と化すことになる。くっさ~~。窓が開けられない密封状態の中で色んな食べ物の臭いが混ざり、充満する。だから!遠足かよ!!!!こっちの人の公共精神の欠如っぷりには毎度毎度恐れ入ります。そもそも『こうすればどうなる(換気できない社内+臭いのキツイもの⇒惨劇発生』という予測の上で行動できる人間が絶対的に少ないように感じるのは今日に始まったことじゃないけどさ。まあ中国人に言わせたら日本人は一々細かいところまで気を使いすぎるんだろうな。文化の違いだからこればっかしは仕方ない。こっちきてストレス耐性と異文化に対する許容性が劇的に上がりましたよ。逆に日本人というものも凄く見えてきた。

まあ話が脱線しましたが、バスの走行自体は頗る順調で、09:10に深センの羅湖に着きました。

雨も止み太陽が出てきたので気持ちよく観光できそうです。深センの探索体験談は今日戻り次第アップしていけたらと思います。

それでは行ってきます!雨降るなよ!

Related posts (関連記事):

中国の素が見える孫文中路
前回からの続きで、中山百貨店以東の孫文中路を歩いていきます。ここからは中山市の重要文化財が目白押しな上、庶民的な街並みも保存されていて、古き良き時代の中国の一面も垣間見ることができます。 本日の...
南越王墓博物館
私の住む中山市が属する広東省の州都である広州市は『三朝の古都』と称される程の歴史を誇っています。この三朝とは即ち、中国5千年の歴史上、華南を拠点に栄えた南越国、南漢国と南明国を指します。 その内の南越...
中国マクドナルドのドライブスルー!
中国に来て早4年、今思い返せば、何で自炊道具を揃えたのだろう…鍋はたま~に出番があるものの、包丁やまな板などは梱包箱を開けぬままにお蔵入り。気合を入れて買った米10Kgや各種調味料なども殆ど手つかずの...
クラウンプラザ広州サイエンスシティ(広州翡翠皇冠仮日酒店) クラブフロア宿泊記
この日のお宿はクラウンプラザ広州サイエンスシティ(広州翡翠皇冠仮日酒店)。 場所はホテル名にある通り、広州東郊にある科学城ことサイエンスシティ。科学城といっても観光の目玉的城楼があるわけではなく...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする