シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドネシア人の宗教観


今日もこの後、客先との食事会がある。そろそろヒットポイントの残りゲージがヤバいです…その上お客さんは『明日はキリスト昇天祭で祝日だから2次会・3次会で遅くなっても構わない』と鼻息荒く宣言してるし…

んんん…いや、ちょっと待て!キリスト!??インドネシアは世界最大のイスラム国家ではなかったのか。前回の宿泊先では朝の6時に礼拝の爆音で起こされたぞ。

調べてみるとインドネシアには「中国旧正月」「モハメッド生誕祭」「ヒンズー教新年」「キリスト受難祭」「仏陀生誕祭」「イスラム新年祭」など宗教に起因する祝日が目白押し。パッと見ただけで世界の4大宗教全てに関わる祝日があることが分かる。

は?国民の90%以上はイスラムなんでしょ?客先の工場を見た時も女性ワーカーはヘジャブ(髪の毛を隠す布)を着用してたじゃん!なんか玉ネギみたいなのが屋根の乗っかってるモスクちっくな建物もあるじゃん!

ラーメンの一風堂もインドネシア進出にあたって豚ベースのスープを断念して鶏ガラスープに切り替えたんだろう!

てかイスラム教って一神教だろう!こんな適当な祝日制定して国民の90%を占める熱心なイスラム教徒は黙ってないだろう!

インドネシア=イスラムとの強い先入観を持っていた私はもう何が何だかさっぱし。これからインドネシア事情、哲学事情に明るいお客と合流するので、この点を問うてきたい。

Related posts (関連記事):

妖しい夜のマンガブサール通り コブラ料理の屋台やらなんやら
金曜日の夜に一人になってしまったので、ジャカルタ北部のマンガブサールの街を歩くことに。一歩路地裏に入ればスラム街というような汚らしく妖しいアジアアジアした地区である 道には生ゴミ...
プラウィサタ劇場でのラーマーヤナ舞踊劇
トゥグ駅で翌日の鉄道の乗車券を買うのに失敗した後は、ベチャに乗ってラーマーヤナ舞踊劇の会場であるプラウィサタ劇場へと移動する。ラーマーヤナはマハーバーラタと並ぶ古代インドを代表する長編叙事詩で、ヒンド...
ダナル・ハディ・バティック博物館
芸術の都ソロはジャワの4大バティック産地の一つで、町中至る所でバティック工房を目にすることができる。バティックとはインドネシアの伝統的な染色工芸で、ロウで生地を防染して染色するろうけつ染めの布地のこと...
天空の神殿から地上の俗世界へ(チュト寺院⇒サンギラン)
シクー寺院・チュト寺院の見学を終え、ラウ山の中腹からサンギランへバイクで向かう。天空の幽玄の地から地上の俗世界へと降り立っていく気分である。 移動距離は55Kmと大したことないのだが、山間の九十...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >masahiro020さん
    わざわざコメントまで残して頂きありがとうございます!興味深いプロフィール画像に惹かれてmasahiro020さんのページを訪問させて頂いた次第です^^私はインドネシアはジャカルタしか訪問した事が無いので、他地域の例まで挙げて頂いて非常に参考になりました。やはりこの『ごちゃ混ぜ感』というか、一つの国家にこれだけの多様性が保たれているという点に底知れぬ奥深さを感じます。