シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベトナムでのクリーニング


夜の10:00過ぎにホテルの電話が鳴る。風呂に入っていたので中々出れなかったのだが、1分以上しつこくプルルと鳴り続ける。中国の安宿じゃないんだからマッサージの勧誘は勘弁だと思いつつ電話に出ると、『クリーニングが終わったので今から届ける』とのこと。『夜10:00だと客の快適な睡眠を妨げるかもしれない』と考えないのがベトナムクオリティー。夜分遅くに1分以上電話を鳴らし続けるのもベトナムクオリティー。その後すぐに配送してもらい、中身をチェック。。。すると…ワイシャツの当て方が下手なのか、出したワイシャツ3枚とも襟の部分に変な皺の癖がついている…指摘すると『OK!』と爽やかな返事が帰ってくる。続けて『No problem sign here please!』と。

うぅ…しっかりしてくれ…ワイシャツのクリーニングは初めてじゃないだろう…ベトナム人は往々にして手先が器用と客先から聞いていたが…やっぱりクリーニングはプロの日系クリーニング屋に出すべきなのかな。それより何でも『No problem』押し通そうとする彼らの適当な国民性にも唖然。明日以降、ワイシャツの変な皺を客先に指摘されないことを切に願う。

頑張ろうベトナム人よ!

Related posts (関連記事):

ベトナムの青空散髪屋
本日は日曜日。暇に任せてホーチミン市内を探索に出ました。街頭を歩いていたところ、壁際に集まる怪しげな3人の男を発見。 不自然に寄りあう男ども。何だか怪しい予感。 近寄ってみると… 街...
ベトナム少数民族の住宅展示場・民族学博物館
ベトナムで小物屋巡りをして目につくのが鮮やかな色糸で刺繍を施された民芸品。売り子曰く「これは少数民族の○○族が~」と言われますが、そう言われても全くもってピンときませんよね。だって○○族って言われても...
450年前の日本人商人のお墓(谷弥次郎兵衛、蕃二郎)
時は15世紀末、世界の覇者ポルトガル・スペインによる新世界「発見」を皮切りに大航海時代の幕が開き、世界は急速にその距離を縮め、東西様々な文化の「出会い」の機会が創出された。このような時代背景の中、極東...
毎度毎度のベトナム航空A321 ホーチミン⇒香港 VN594
ダナンからベトナム航空国際線でホーチミンに飛び、いよいよ香港へと戻る時間がやってきた。今回乗るVN594の機材も毎度毎度のA321。この路線のビジネスクラスでは日本人の姿も多く見かけるので、知り合いと...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする