シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベトナムでのクリーニング


夜の10:00過ぎにホテルの電話が鳴る。風呂に入っていたので中々出れなかったのだが、1分以上しつこくプルルと鳴り続ける。中国の安宿じゃないんだからマッサージの勧誘は勘弁だと思いつつ電話に出ると、『クリーニングが終わったので今から届ける』とのこと。『夜10:00だと客の快適な睡眠を妨げるかもしれない』と考えないのがベトナムクオリティー。夜分遅くに1分以上電話を鳴らし続けるのもベトナムクオリティー。その後すぐに配送してもらい、中身をチェック。。。すると…ワイシャツの当て方が下手なのか、出したワイシャツ3枚とも襟の部分に変な皺の癖がついている…指摘すると『OK!』と爽やかな返事が帰ってくる。続けて『No problem sign here please!』と。

うぅ…しっかりしてくれ…ワイシャツのクリーニングは初めてじゃないだろう…ベトナム人は往々にして手先が器用と客先から聞いていたが…やっぱりクリーニングはプロの日系クリーニング屋に出すべきなのかな。それより何でも『No problem』押し通そうとする彼らの適当な国民性にも唖然。明日以降、ワイシャツの変な皺を客先に指摘されないことを切に願う。

頑張ろうベトナム人よ!

Related posts (関連記事):

どこか寂れた遊園地・ダムセン公園
中華街から歩く事20分、ようやくダムセン公園に到着しました。ここもお客さんからおススメされた観光スポットで、ジモティ達の憩いの場だそうです。 地味~な色に塗られた竹の傘に、南国フルーツっぽい...
ホイアンで鑑賞するベトナムの民族音楽と伝統舞踊
民俗博物館のグエンタイホック通り側に抜けた後は、同じ通りにある伝統家屋でベトナムの民族音楽コンサートを鑑賞することに。時計を見ると09:40、「伝統音楽コンサートと手工芸品ワークショップ」という何の捻...
ホイアンそぞろ歩き ~昼編~
行く場所も定めずマイペースでホイアンの町をそぞろ歩くことに。世界遺産の古都・ホイアンは町そのものが見どころなので、目的地なくブラブラ歩いているだけで良い観光になる。 ファンチューチン通りで見...
ホーチミン空港でVAT還付の手続きをしてみた
今回、初めてベトナムでVATの還付手続きをしてみたので、還付申請の方法を記録として残しておく。 VATとは課税の対象となる物品やサービスに対して課される消費税のようなものなのだが、これがなんとまぁ一定...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする