シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の食文化


出張中の一コマ。

今日行ってきた工業地区付近には良さげな食事処が見つからず、庶民的な個人経営レストランに入ることに。
東南アジア・中国の生活/旅行日記-dg lunch

画像には映っていないが、ファサード看板にはこれでもかという巨大なフォントで、『湘菜 家厨房』と書いてある。湘菜とは湖南の家庭料理。大量の唐辛子を使った激辛っぷりが特徴の殺人料理である。辛いものは苦手な私の為に辛くない料理を頼んでくれる運転手。今日は私が会計をするという暗黙の了解があるからか、私と彼の二人しかいないのに続々と注文していく運転手。

東南アジア・中国の生活/旅行日記-dg lunch 3
キノコとネギ炒め。注文から5分で出てきました。変なキノコじゃなければ良いですが。

東南アジア・中国の生活/旅行日記-dg lunch 4
茄子とインゲン(?)の炒め物。

その後も激辛大根サラダに水餃子、パッサパサの白米、スープが出てきましたが、案の定、小食の運転手と私は半分以上残してしまった。中国では食べきれない程の料理を準備して食べ残すことが美徳であるらしいが、自分で注文して相手に会計をしてもらう時にもこの文化が適用されるらしい。厚顔無恥な…

東南アジア・中国の生活/旅行日記-dg lunch 5
申し訳なくなる程の豪快な残しっぷり!ただ、これだけ注文しても合計42元(500円ちょい)でした。毎度のように鞄から財布を取り出すふりをして『俺、払う気あるよ』というフェイクジェスチャーをする運転手を遮り会計を済ます私。食べ残しは良くないと子供の頃から教えられている私とは180度反対の食文化をまざまざと見せつけられました。

●Cultural Tip

皆様、中国の方と食事をする時は気を付けてください。『残すのは失礼だ!』と無理して食べきってしまうと『まだまだ足りないのか!!』と中国人のおもてなし心に火をつけて、更に多くの料理が運ばれてきます。胃を守るためにも無駄な料理が運ばれないためにも、無理して詰め込まないことが重要です。

Related posts (関連記事):

アヘン戦争博物館・海戦博物館
今日は中国の広東省東莞市の虎門鎮に関して。ここは清国と大英帝国によるアヘン戦争の舞台となった場所で、中国人旅行者の間でもアヘン戦争に因んだ観光スポット(=愛国主義教育基地)が多数あることで有名です。 ...
中国のSMSサービスと振り込め詐欺
中国では携帯電話によるSMS(ショートメッセージサービス)の普及率が高く、歩きながらポチポチ、運転しながらポチポチ、小便しながらポチポチと、何処に行っても携帯でメッセージを打つ中国人の姿を見かけます。...
日露戦争の最激戦区となった二〇三高地
永遠と待っても路線バスが来なかったので、痺れを切らしてタクシーにて203高地の麓までやってきた。 一般車両で乗り入れできるのはどうやらここまでのようで、ここからは山の麓にある旅行会社の専用車...
珠江新城をブラブラと ~広州タワーに広東省博物館~
リッツカールトン広州に宿泊した際にホテル近くの広州タワーと広東省博物館を見て回った件を今さらながら… 広州のリッツはグランドハイアット・Wホテル・フォーシーズンズなどの高級ホテルも乱立する...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >emilyさん
    初めまして、コメントありがとう御座います^^
    いや~でも、中国の方って『対決』とか『勝負』って類の事になると無駄に執着心を燃え上がらせるんで、最強の胃袋を持ったフードファイターでも勝てないと思いますw