シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国の食文化


出張中の一コマ。

今日行ってきた工業地区付近には良さげな食事処が見つからず、庶民的な個人経営レストランに入ることに。
東南アジア・中国の生活/旅行日記-dg lunch

画像には映っていないが、ファサード看板にはこれでもかという巨大なフォントで、『湘菜 家厨房』と書いてある。湘菜とは湖南の家庭料理。大量の唐辛子を使った激辛っぷりが特徴の殺人料理である。辛いものは苦手な私の為に辛くない料理を頼んでくれる運転手。今日は私が会計をするという暗黙の了解があるからか、私と彼の二人しかいないのに続々と注文していく運転手。

東南アジア・中国の生活/旅行日記-dg lunch 3
キノコとネギ炒め。注文から5分で出てきました。変なキノコじゃなければ良いですが。

東南アジア・中国の生活/旅行日記-dg lunch 4
茄子とインゲン(?)の炒め物。

その後も激辛大根サラダに水餃子、パッサパサの白米、スープが出てきましたが、案の定、小食の運転手と私は半分以上残してしまった。中国では食べきれない程の料理を準備して食べ残すことが美徳であるらしいが、自分で注文して相手に会計をしてもらう時にもこの文化が適用されるらしい。厚顔無恥な…

東南アジア・中国の生活/旅行日記-dg lunch 5
申し訳なくなる程の豪快な残しっぷり!ただ、これだけ注文しても合計42元(500円ちょい)でした。毎度のように鞄から財布を取り出すふりをして『俺、払う気あるよ』というフェイクジェスチャーをする運転手を遮り会計を済ます私。食べ残しは良くないと子供の頃から教えられている私とは180度反対の食文化をまざまざと見せつけられました。

●Cultural Tip

皆様、中国の方と食事をする時は気を付けてください。『残すのは失礼だ!』と無理して食べきってしまうと『まだまだ足りないのか!!』と中国人のおもてなし心に火をつけて、更に多くの料理が運ばれてきます。胃を守るためにも無駄な料理が運ばれないためにも、無理して詰め込まないことが重要です。

Related posts (関連記事):

愛国教育基地となった長閑な榴花公園
中国の広東省では至る所で数千年の歴史を有する歴史的建造物を目にすることができます。 東莞市石碣にある榴花公園の塔もその一つ。前々から出張移動中に塔がチラチラと見えて私に向かって無言のアピールをし...
ウルムチ国際大バザールと二道橋市場
さて、零下10度を下回る極寒のウルムチで何をするか。 最寄りの海から2300kmほどの距離があり、地球で最も海から遠い都市と言われるウルムチ。敦煌やハミ、トルファンのさらに奥というと砂漠と山脈し...
敦煌の砂漠で遊ぶ 月牙泉と鳴沙山
敦煌到着日はフライトの遅延で万里の長城の最西端とされる玉門関まで足を運ぶ時間が無くなってしまったので、代わりに近くの砂漠で遊んできた。 敦煌はシルクロード上のオアシス都市として栄えた古都。周囲一...
書門院と西安碑林博物館
次なる訪問場所は城壁南面の文昌門近くにある碑林博物館。碑林というのは聞き慣れない単語だが、文字や図像を刻んだいわゆる石碑の集合体のことらしい。字面からも想像できる通り、石碑・墓誌銘などの石像彫刻が林の...

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >emilyさん
    初めまして、コメントありがとう御座います^^
    いや~でも、中国の方って『対決』とか『勝負』って類の事になると無駄に執着心を燃え上がらせるんで、最強の胃袋を持ったフードファイターでも勝てないと思いますw